コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

リスク回避のために欠かせない!投資信託の組み合わせ=ポートフォリオをどうするか?

マネー

2019.06.22

193-1

これから投資をスタートしよう!と思ったときには、リスクをできるだけ低減するためのコツを知っておくことが大切です。自分自身の資産を守るために行う投資だからこそ、最低限の知識は身につけておきましょう。

さて、投資の世界に足を踏み入れるのにあたって、目にする機会も多いのが「ポートフォリオ」という言葉です。ポートフォリオとは具体的にどのような意味で、どう捉えるべきなのでしょうか。

投資初心者の方に向けて、ポートフォリオの重要性と年代別オススメポートフォリオについて紹介します。

■ポートフォリオとは?

まずはポートフォリオの詳細について解説していきます。ポートフォリオについて理解するためには、投資のリスクについて知る必要があります。

投資にはリスクが付き物で、一般的にリスクが高い金融商品ほど、高いリターンが見込めるとされています。一方で、手堅く運用していきたい!と思う場合には、リスクの低い金融商品を選択し、少しずつ資産を増やす工夫をすることになります。

とはいえ、特定の金融商品だけに偏った投資を行っていると、急激な市場変動が起きた場合に非常に大きな傷を負ってしまう可能性があります。あっという間に、資産は目減りしてしまうでしょう。

しかし金融商品の中には、「一方が下がれば他方が上がる」という仕組みを持ったものも存在しています。たとえば経済状況が順調なときには、債券価格が下がり株式価格が上がる傾向にあります。これは、債券よりも株式を保有していた方が、リターンが大きくなるために、市場のお金が株式市場に流れがちだからです。

一方で、経済状況が悪化傾向になると、状況は一転します。株式市場から資産を引き上げ、より堅実な債権を求める投資家が増えることで、債券価格が上がっていきます。

「株式のみ」「債権のみ」で投資をしていた場合、経済状況によって非常に大きなリスクを抱えてしまう可能性があります。しかし「株式と債券」の両方をバランスよく保持していたら、どうでしょうか。

経済状況が変化した場合でも、一方の損を他方の利益でカバーできる可能性が高くなります。損失を少なくし、手堅く資産を増やすことにつながっていきます。

ポートフォリオとは、分散投資を行う際の「金融資産の組み合わせやその比率」のことを指します。投資に対する姿勢が人それぞれで異なるように、ポートフォリオも個人によって異なります。自身のスタイル、そして運用の目的に合わせてポートフォリオを組むことは、投資の世界で成功を収めるために、非常に重要なポイントだと言えます。

■とくに初心者にはポートフォリオを組むことが重要!

投資初心者にとって、「リスク分散のためのバランスと言われても……正直よくわからない!」なんて感じてしまうケースも多いのかもしれません。

とはいえ、ポートフォリオを組むことは、投資スタイルを整える意味でも重要なポイントとなります。特に投資初心者の場合、「何に投資すると、どのような結果になるのかよくわからない!」というケースも少なくありません。この場合でも、まずポートフォリオを組み、それに沿った投資を行うようにするだけで、自身の投資の目的や、運用目標などが明確になりやすくなります。

「自分にとってベストなポートフォリオ」というものは、結局のところ、自分自身で決断するしかありません。しかしそのためには、ある程度の投資知識や投資経験が必要であるという点も事実です。

まずは自分のスタイルに合いそうな「オススメのポートフォリオ」を参考にして、実際に分散投資をスタートしてみると良いでしょう。その上で、自分の目的に沿って、リバランスしていくのがオススメです。

193-2

■年代別オススメポートフォリオを紹介

オススメのポートフォリオは、年代によっても変わってきます。自分の年代に当てはまるポートフォリオを、ぜひ参考にしてみてください。

★20代~30代

投資スタートする、一般的な世代ですが、「これから先の人生において、長く投資が行える」という特徴があります。比較的リスクの大きい(比較的大きなリターンが見込める)金融商品を多めに組み込んでも、良いとされています。

慎重に運用を行っていきたい場合には、株式と債券の割合を半々にします。そしてそれぞれを、国内と海外で2対3の割合で振り分けていきます。株式と債券の割合を1対1にすることで、リスク回避の側面が強くなるでしょう。

もう少し攻めたい!と思うときには、株式と債券の割合を6対4にします。日本株式と外国株式のバランスを意識すると、より自分らしいポートフォリオが出来上がるでしょう。

若い世代だからこそ、チャレンジしたい!という場合には、全てを株式にして、日本株式と外国株式でポートフォリオを組むという方法もあります。

★40代~50代

40代から50代は、「積極的に資産を増やす」だけではなく、「将来のために資産を減らさない」という視点でポートフォリオを組むことが重要になってきます。具体的には、全体の5割~7割程度を債権にして、ポートフォリオを組むのがオススメです。株式の割合を減らすことが、リスク回避につながります。

とはいえ、まだ40代前半で、どんどん投資にチャレンジしたい!という場合には、債券の割合を3割程度に抑え、残りを日本株式と外国株式で組む方法もあります。

■まとめ

「ポートフォリオ」と横文字で言われても、「なんのことだかわからない!」と言う方も多いかもしれませんが、その内容をチェックしてみると、投資を行う上で非常に重要なものであるということがよくわかります。

ポートフォリオは、自分自身のライフスタイルや年代、投資への考え方によっても大きく変わってきます。自分に合ったポートフォリオを見つけ、投資生活に取り入れてみてくださいね。

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【投資・副収入】その他の記事

投資・副収入
もっと見る