注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

資産運用としての「ギャンブル」を考える……競馬で投資はできるのか?

マネー

2019.05.31

002

 

ただ普通に働いていても、なかなか給料が増えない今。
「投資や資産運用についても、積極的に考えるべき時代」だと言われています。
しかし実際には、「投資はハードルが高い!」「しっかりと勉強してからでなければ、失敗してしまう」なんてイメージを抱いている方も多いのかもしれません。

こんなときには、趣味のギャンブルと資産運用について、組み合わせて検討してみてはいかがでしょうか。
ギャンブルと資産運用について、そしてギャンブルを投資に近づけるコツを紹介します。

 

■ギャンブルと投資の違いはどこにあるの?

世の中には、さまざまなギャンブルが存在しています。
仕事のストレスを発散するため、趣味の一つとして適度に楽しんでいる!なんて方も多いのではないでしょうか。

ギャンブルといえば、「一獲千金を目指すもの」というイメージを抱く方も多いもの。
また、「投資との違いが、具体的にどこにあるのかわからない」なんて方もいるでしょう。

ギャンブルにおいては、勝負事にお金をかけ、勝者が一定割合の配分を受け取ることになります。

しかしここで一つ忘れてはいけないのが、「胴元」という場の主催者の存在です。
競馬でもパチンコでも宝くじでも、ギャンブルを楽しもうと思ったときには、この胴元の定めたルールに従ってゲームを行うことになります。

投資においてもギャンブルにおいても、勝者が分配金を分ける仕組みは変わりませんが、ギャンブルの場合、「勝者が分配金を分ける前に、胴元が運営料を取る」というのが大きな特徴です。

勝者は、胴元が運営料を取った後の残りを、配分することになります。

投資にはこのような仕組みは存在しません。
胴元の取り分を事前に確保してしまう分、ギャンブルで買って多額の分配金を得るというのは、難しくなってしまいます。
ギャンブルでは、「勝者」が存在するのも事実ですが、参加者全体で見れば、利益より損失の方が大きくなってしまいます。

 

■投資なら絶対に成功するのか?

ギャンブルよりも投資の方が、「胴元」が存在しない分、有利であるのは事実です。
しかし実際には、「投資なら確実に成功できる」というわけではありません。
投資の世界では、やはり資金力がある人の方が有利ですし、知識や経験があればあるほど有利に動きやすいという特徴があります。
初心者にとっては、「ハードルが高い」と感じるのも無理はないでしょう。

「ギャンブルではなく投資なら、確実に成功できる!」というわけではなく、「十分な資金力もない」という状況で、さらに「投資のために勉強する時間がない」なら、趣味としてのギャンブルを投資的に考えてみるのもオススメです。

中でも競馬は、さまざまな楽しみ方ができるギャンブルとして知られています。
どの馬に、どんな風に賭けるのかによっては、非常に手堅く分配金を受け取ることもできるでしょう。

実際に競馬においては、ギャンブルではなく投資的な考えに基づいて、手堅くリターンを求める方も少なくありません。
競馬に対する考え方を改めることで、新たな投資がスタートするのかもしれませんね。

■競馬のリターンを考えてみる

競馬を純粋なギャンブルではなく、投資として考えるのであれば、気になるのがそのリターンについてです。
競馬でもうけようと思ったときに、「複勝1.1倍」と聞いて、あなたはどんな印象を抱きますか?

「倍率が低すぎて、賭けてもあまり意味がない」「競馬の醍醐味(だいごみ)を感じられない」なんて思う方もいるかもしれませんが、倍率が低いということは、その分「勝利が確実視されている」ということでもあります。

同じ「複勝1.1倍」という言葉も、投資のキーワードに言い換えれば、「分利10%」となります。
これまでの印象が一転して、「非常に割の良い投資内容」と感じる方も多いのではないでしょうか。

もちろん競馬に「確実」はありません。
しかし投資においても、それは同じです。
また投資の場合、「今現金を投じたとしても、結果がわかるのはずいぶん先のこと」となってしまいます。
一方で競馬の場合、勝敗はすぐにわかりますし、「分利10%」というメリットも瞬時に享受することができます。

ギャンブルとしての競馬に対して「嫌悪感」を抱いている方も、反対に「好意的な感情」を抱いている方も、「投資」として考える場合には、その印象が大きく変わってくるはずです。

何よりも競馬は、「休日に自分で楽しむことができ、気分転換になる上に、お金の流れを自分自身で実感しやすい」という特徴があります。
気になったら、「確実に勝てるだろう馬券」を狙って、「投資」に挑戦してみてはいかがでしょうか。

001

 

■まとめ

ギャンブルであっても投資であっても、重要なのは「余剰資金で行うこと」だと言われています。
これは、「負ける可能性」がゼロではないから。
たとえ状況が不利になっても、自分たちの生活を守るために、このような工夫が必要だと言われています。

ギャンブルと投資は、切り離して考えるケースが一般的です。
投資を検討している方には、「投資はギャンブルとは違う」という点をアピールするケースも多くなっています。

しかし実際には、ギャンブルであっても、メニューを選べば投資のように考えることも可能となります。
できるだけ手堅く、小刻みに資金を増やしていくことを検討してみてください。

「投資」ときくと「なんとなく難しいイメージ」を抱く方も多いかもしれませんが、「競馬を楽しむ」ときくと「よし、やってみようかな?」なんて思う方も多いのではないでしょうか。
趣味や気分転換もかねて、無理のない範囲で挑戦してみてはいかがでしょうか。

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【投資・副収入】その他の記事

投資・副収入
もっと見る