コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

投資信託で気を付けておくべきこととは?

マネー

2019.01.05

123-1

 

投資信託はお金を預けてプロに運用してもらうので、初心者向けの資産運用方法といえるでしょう。自分で投資するよりリスクは低そうに思えますが、元本保証される貯蓄ではないので、損をする可能性があるということは理解していないといけません。

とはいえ、せっかく投資をするならできるだけ損はしたくないと思うもの。そこで初めて投資信託を始める場合、どのようなことに気を付ければ良いか紹介していきます。

■一つの銘柄に集中するのはNG

投資信託で利益をあげることができると、さらに買い増しを考えることもあるでしょう。その銘柄が順調に値上がりを続ければ良いですが、もし投資している金融商品に問題が起きた場合、一気に値崩れを起こします。

もし分散して複数の銘柄を購入していた場合、リターンは少なくてもリスクを軽減することはできます。

一つの銘柄に集中して多額な投資をするのは、投資信託に限らずどんな投資でもハイリスクハイリターンであることは頭に入れておくべきです。

少しでもリスクを減らしたいと思うなら、複数の銘柄に分散して投資したほうが良いでしょう。

■分配金は利息じゃない

投資信託で利益が出たとき、分配金を受け取ることができます。この分配金を預金の利息のようなものと思っている人もいるようですが、分配金は利益が出ていなくても支払うことがあります。

分配金は受取利子や配当などのインカムゲインと、値上がり益のキャピタルゲイン、基準価格の繰越利益などの運用益から支払われるので、分配金を払うことで基準価格が下がり、運用資金も減少します。

投資信託から支払われる分配金は、普通分配金と特別分配金の2種類が用意されています。普通分配金は運用益から払われますが、特別分配金は元本から払われます。]

投資信託の中には毎月分配金が支払われるものもありますが、ほとんどの銘柄が特別分配金となっていることが多いので、運用がうまくいっていない場合は元本が減るリスクもあることを理解しておきましょう。

■ランキングに左右されない

投資信託の銘柄を選ぶ場合、人気ランキングなどを参考にする人も多いのではないでしょうか。購入する際の参考としてランキングをチェックするのは良いですが、それを鵜呑みにしてしまうと失敗してしまうこともあります。

ランキングは話題になった銘柄や、一時的に売れている銘柄が上位にランクインしていることもありますので、ランキングだけで判断して購入するのは危険です。

銀行や証券会社がその銘柄の販売に力を入れたことで、上位にランキングされていることもありますので、銘柄の特徴をしっかり理解した上で購入するようにしましょう。

123-2

■おすすめ商品には気を付けて!

初めて投資信託を購入する場合、どんな銘柄を購入して良いか分からず、銀行や証券会社に相談することもあるでしょう。

担当したスタッフは、おすすめ商品や売れている商品などを紹介してくれますが、ここで素直に購入すると損をすることもあります。

販売会社がおすすめする商品は会社でキャンペーンを行っている商品や、会社の利益を上げられるよう手数料の高額な商品をすすめてくることが考えられます。

会社全体で販売促進をしている商品があった場合、間違いなくその商品をすすめてくることでしょう。本人たちもノルマが課せられていることもありますので、何とか販売しようとおすすめしてきます。

もちろんスタッフの中には、本当に良い商品と思っておすすめしてくることもあるでしょう。しかし、その商品が本当に利益を出せるかどうかは、購入してみないと分かりません。

投資信託の購入を相談するなら、どんな銘柄を購入したいかチェックしておくことと、投資信託の知識を身につけておくべきです。

相手がある程度知識があると分かれば、担当するスタッフのおすすめ商品も変わってくることでしょう。

■手数料を理解しよう

全くの初心者の場合、投資信託を始めると利益だけを受け取ることができると勘違いしている人もいるようです。投資信託は預金ではなく投資なので、手数料が生じます。購入時はもちろん、保有期間中や売却時にも手数料がかかります。

会社によって手数料はそれぞれ異なりますが、一般的には購入時にかかる販売手数料が0~3パーセント、投資信託を運用管理してもらうためにかかる信託報酬は0.5~2パーセント、投資信託を解約する際に必要となる信託財産留保額は0.3パーセント程度です。

販売会社が異なれば手数料も変わりますので、同じ商品であっても利益幅に違いが出ることもあります。

手数料がどのくらい必要なのか運用前にチェックしていないと、値上がりして売却したのに、利益幅が少なかったということになりますので、気を付けましょう。

■まとめ

初めて投資信託を始めるなら、なるべくリスクは抑えたいものです。しかし運用ルールを理解していないと、損をすることも考えられます。

投資信託は低リスクではありますが、投資であることには違いありません。大切なお金を任せるのであれば、投資信託や銘柄についての知識を身につけることが必要です。最初から一度に多くのお金を投資するのではなく、リスクを避けるためにまずは少額から始めるようにしましょう。

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【投資・副収入】その他の記事

投資・副収入
もっと見る