コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ビットコインはどこに行った?仮想通貨ブームのその後にせまる

マネー

2019.07.21

一時期世間を騒がせた「ビットコイン」。

テレビや週刊誌などのメディアでも多く取り上げられ、一時期は名前を聞かない日が無いというくらいあらゆる場所で見聞きしていましたよね。

高騰ぶりがあまりにも激しく、何人もの億万長者を生み出した反面、急落により財産を失ってしまったという人も多かったと言われています。

そんなハイリスクハイリターンとも言えるビットコインも、最近はあまり耳にしなくなりましたが、果たして今現在どうなっているのでしょうか。

仮想通貨ブームも一段落した今、どうなっているのかをご紹介したいと思います。

■そもそも仮想通貨とは?

仮想通貨という言葉はかなり耳にした事があるけれど、実際にどういうものなのかがよく分からないという方も多いのではないでしょうか。

「儲かると聞いてやってみようと思ったけど、実態がわからないからなかなか手が出せない」いう話も耳にします。

ではいったい仮想通貨とはどういった仕組みで成り立っているのでしょうか。

・仮想通貨の種類

一口に仮想通貨と言っても、様々な種類が存在しているのをご存知でしょうか。

最も有名なのはビットコインですが、それ以外にもイーサリアム、リップル、ライトコイン、ネムなどがあり、今現在も種類は増え続けています。
ちなみにビットコイン以外の仮想通貨はすべて「アルトコイン」と総称されており、その数はなんと1000種類以上もあるそうです。
これらは株でいう所の銘柄であり、売買取引によって1単位あたりの値段は日々変動しています。

・仮想通貨の特徴

仮想という名の通り、日本銀行が発行する紙幣や硬貨のように、実物があるわけではありません。バーチャルな通貨を使って、インターネット上で取引を行うのです。

パソコンやスマホなどの画面上に記載されている数字だけが頼りなので、デジタルになじみのない人にとっては不安に感じてしまうのではないでしょうか。

しかしながら、現金で持っていても、紛失や盗難のリスクもあります。仮想通貨は高度な暗号技術によって成り立っており、取引データはその暗号技術によって守られているため、不正使用や二重払いといった問題は防止されています。

■仮想通貨はどうやって使えるの?

仮想通貨と聞くと株やFX(外国為替証拠金取引)のように、売買取引を行い価格の変動によって利益を得る事を目的とした、いわゆる投資のように考えてしまいがちですが、実を言うと使い道はそれだけではないんですね。

ではいったい仮想通貨はどのように使うことが出来るのでしょうか。

・決済手段として

仮想とは言え通貨と名が付く限り当然貨幣としての価値もあり、物品を購入する際の決済手段としても使用することが可能です。

最近ではキャッシュレス決済が広まっており、色々なお店で現金以外の決済方法が選べるようになっています。

クレジットカードはもちろん、「nanaco」・「WAON」などお金をチャージして使用する電子マネーや、「PayPay」・「LINE Pay」などスマホでQRコードをかざすだけで決済が可能なQRコード決済など、消費者の支払いにおける選択肢は非常に増えていますよね。

それらの決済方法と同様に、ビットコインやその他仮想通貨で決済する事が可能なお店も増えてきています。

・法定通貨への交換

仮想通貨から日本円や米国ドルなど、実体のある通貨へと交換することも可能です。

仮想通貨を現金化したい場合や、外国の通貨を保持したいと考えた際には簡単に交換することが可能なのでとても便利ですよね。

また、仮想通貨同士の交換も可能なので、レートや使い勝手の良さを考えて別の仮想通貨へと変えるというのもいいかもしれませんね。

・送金

銀行口座から他者へ振り込みを行うように、仮想通貨を使って送金する事が可能です。

送金する際には銀行など第三者機関を通す事がないため、手数料も安価で済みます。

■仮想通貨の現在

・仮想通貨ブームは去った?

一時期に比べ仮想通貨という言葉を耳にする機会はなくなりましたが、決して存在自体なくなったわけではありません。

仮想通貨が出始めた頃はものすごい話題になり、たくさんの人たちから注目されていたため、あまり騒がれなくなった今現在はブームが去ってしまったのかと思われがちなのではないでしょうか。

しかし、仮想通貨決済を導入しはじめているインターネット上のショッピングサイトや、実店舗も増えてきており、徐々に私たちの暮らしにおける身近な存在として浸透し始めてきています。

出始めの頃の騒ぎが無くなったからといって、存在が小さくなってしまったわけではなく、私たちの生活の一部として根付いてきていると言えるでしょう。

・仮想通貨の今後は?

私たちの生活の一部として徐々に浸透し始めてきているとは言え、まだまだ課題もたくさんあります。

価格の変動が激しく、投資を行う上ではかなりギャンブル性が高いということには注意が必要でしょう。

ハイリスクハイリターンなため、億万長者が誕生しやすいかもしれませんが、その反面破産する人も当然生まれてしまいます。

まだまだ法整備が追いついていないという現状がありますが、そこの部分をカバーしていかなくては非常に危険な物という認識が拭いきれません。

またこれから先さらに浸透させていくためには、仮想通過決済を取り扱う店舗が増えていく必要があります。

インターネット上のショッピングサイトを含め様々な店舗で仮想通貨が利用可能になれば、認知度も高まり決済方法の一つとして広がっていくのではないでしょうか。

■まとめ

まだまだ課題の多い仮想通貨ではありますが、上手く活用することによって私たちの暮らしが便利なものになります。

今現在は「仮想通貨=投資」といった認識が多いと思いますが、決済手段として広く浸透していけば、手数料の安さや決済スピードの速さといった仮想通貨ならではのメリットをたくさんの人が享受出来るんですね。

たくさんの可能性を秘めた仮想通貨が今後どうなっていくのか、動向に注視していきたいところですよね。

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【投資・副収入】その他の記事

投資・副収入
もっと見る