コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「生理痛」に個人差がある理由と〝年々ひどくなる〟とき注意したい病気

女性の健康

2020.03.27

年々悪化する「生理痛」には要注意

 

iStock/Milena Shehovtsova

 

年を重ねるごとに悪化する生理痛は、前述のような生活習慣が原因となっていることも多々ありますが、病気によるものも少なくありません。

特に30代以降は、生理痛を悪化させる次のような病気を発症する人が増えてくるため、注意が必要です。

 

<子宮内膜症>

卵巣周囲やお腹の中など、子宮以外の場所に子宮内膜の組織ができる病気です。生理と同じ周期で増殖と出血を繰り返しますが、生理のように体外へ排出されにくいため炎症や癒着の原因になります。

 

引用:日本産婦人科学会「子宮内膜症」

発症すると生理痛がひどくなるだけでなく、生理中以外にも下腹部に痛みを感じるようになったり、排便痛、性交痛などが引き起こされたりすることも少なくありません。また、生理の量も増えるケースが多いとされています。

 

<子宮筋腫>

子宮の壁に発生する良性の腫瘍のことです。30代以降の女性では、2030%に子宮筋腫があるとされており、ありふれた病気のひとつと言えます。

引用:日本産婦人科学会「子宮筋腫」

発症すると生理の量が増えるとともに、生理痛もひどくなります。また、子宮が大きくなることで周辺の臓器を圧迫し、便秘や頻尿を引き起こすことも少なくありません。

 

生理痛がどんどんひどくなる、生理痛以外の症状もあるという場合は、ぜひ一度、婦人科で検査することをおすすめします。

 

(※1)エスエス製薬「生理痛の原因」

 

 

文:成田亜希子

3 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

女性の健康テーマ : 【ウィメンズヘルス】その他の記事

ウィメンズヘルス
もっと見る