コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

残尿感や下腹部の痛み「膀胱炎」を起こさない〝日頃の注意〟と予防法

女性の健康

2019.12.17

尿意を感じてトイレに行っても、少ししか尿が出ない。出きっているはずなのに、残尿感があってすっきりしない…そんな「膀胱炎」の症状に悩まされた経験はありませんか? 女性に起こりやすいこの「膀胱炎」、正しく治療するためにも、しっかりと理解しましょう。

膀胱炎ってどんな病気? 

iStock.com/Torsakarin

 

膀胱は、腎臓で作られた尿を溜めるための臓器。伸縮性のある筋肉でできており、尿が溜まると筋肉が引き延ばされて大きくなります。

そして、ある一定以上の大きさになると、神経が刺激されて尿意を感じる仕組みです。膀胱炎とは、この膀胱の中に細菌が侵入して炎症を起こす病気です。

意外なことに、膀胱の中に細菌はほとんどいません。しかし膀胱は、尿道を通じて外とつながっているため、尿道から細菌が侵入することがあります。

通常であれば、膀胱内に侵入した細菌は尿とともに排出されます。

ですが脱水による尿の減少尿の我慢などが原因となって、膀胱内に細菌が溜まりやすい状態なると、繁殖が生じて炎症を引き起こすのです。

 

>>NEXT なぜ女性に起こりやすい?

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

女性の健康テーマ : 【ウィメンズヘルス】その他の記事

ウィメンズヘルス
もっと見る