コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

復職前の授乳ママは要注意「乳腺炎」を防ぐためのコツと対策

女性の健康

2019.11.13

2019.12.03

乳腺炎を防ぐための授乳のコツ


 

iStock.com/szeyuen

乳腺炎の第一の予防法は、「赤ちゃんにおっぱいを吸ってもらうこと」です。

作られる母乳の量をコントロールすることはできませんので、できた母乳は赤ちゃんに吸い出してもらうことが一番なのです。

生後間もない時期は、できるだけ多く赤ちゃんにおっぱいを吸ってもらいましょう。そうすることで乳管の開きが良くなり、予防にもつながります。

また左右どちらかだけをあげていると、吸わなかったほうのおっぱいが詰まりやすくなるので、均等に様々な角度から吸ってもらうのがポイントです。

生後間もない赤ちゃんは、飲む量が少なく吸い出すのも未熟。授乳後もおっぱいの張りを感じるときは、搾乳器などを利用して溜まった母乳を出しましょう。

 

>>NEXT 仕事復帰するときの乳腺炎対策

2 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

女性の健康テーマ : 【ウィメンズヘルス】その他の記事

ウィメンズヘルス
もっと見る