コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「処方薬の一包化」服用タイミングごとの袋包装で〝飲み忘れ〟防止に効果的

女性の健康

2020.05.24

薬を「一包化」する3つのメリット

 

処方薬を一包化するメリットは、主に次の3つが考えられます。

1.飲み間違いがなくなる

飲むタイミングごとに1つの袋にまとめてもらえるので、飲み間違いのリスクが減ります。

袋には、ほとんどの場合「朝食後」や「昼食後」などのように印字がされているので、薬の管理がとても楽になります。

 

2.薬の紛失リスクが減る

何種類ものお薬が処方されている場合、管理がずさんだと薬をなくしてしまうこともあるでしょう。

一包化をしてもらえば、すべての薬がタイミングごとに個包装されているので、紛失リスクを減らせます。

 

3.パッケージが開けやすい

高齢の方などは、手先の震えや動かしづらさによって、包装シートなどから薬を押し出すのが難しいもの。

袋に一包化されていれば開封しやすいため、面倒になって薬を飲むのをやめてしまう、といったリスクを減らせると考えられます。

 

 

>>NEXT 薬の「一包化」の注意点

2 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

女性の健康テーマ : 【トピックス】その他の記事

トピックス
もっと見る