注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

女性は「元々お酒に弱い」過度の飲酒に乳がんリスク…家飲みで注意したいこと

女性の健康

2020.05.24

新型コロナウイルスによる自粛生活で、せめてもの楽しみとして「家飲み」や「オンライン飲み会」をやっている方も多いことと思います。

家でお酒を飲むことは決して悪いことではありません。ですが、自宅にいると帰宅の手間がなくなる上に人目もないため、ついつい飲み過ぎてしまうことも。

「女性と飲酒」について、注意すべきことについて詳しく解説します。

女性は男性よりお酒に弱い?

 

PIXTA/Fast&Slow

 

お酒に含まれるアルコールは、血液中に吸収された後、肝臓で分解されて尿中に排出されます。

お酒を飲み過ぎた翌日に具合が悪くなる、いわゆる「二日酔い」が起きるのは、血液中に吸収されたアルコール量が多すぎて肝臓での分解が十分に行われていないことによるものです。

肝臓がアルコールを分解する能力には個人差がありますが、一般的に女性は、男性に比べ肝臓での「アルコール分解能力は75%」ほど。

また、女性の方が男性よりも体内の水分量が少ないため、同じ飲酒量であっても血液中のアルコール濃度は高くなります。

そのためもちろん個人差はありますが、一般的に女性は男性より早く酔いやすく、酔いが醒めにくい…つまり「お酒に弱い」状態であると考えられます(※1)

 

 

>>NEXT 過度の飲酒が「乳がん」のリスクを高める

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

女性の健康テーマ : 【トピックス】その他の記事

トピックス
もっと見る