注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「とにかく検査をしてほしい」という患者に〝医師が伝えたい〟3つのこと

女性の健康

2020.04.13

身体の不調を感じて病院を受診したとき、どのような診療を望みますか?「手早く診察を終えて短時間で帰りたい」「ありとあらゆる治療をじっくりしてほしい」など、人によって希望は異なるでしょう。

基本的に医師は、患者さんの希望に沿って診察や治療を進めていきます。しかしなかには、医師から見て検査の必要がないにも関わらず、強く検査を希望する方もいらっしゃいます。

「診察よりとにかく検査を!」と考える方に、医師である筆者からお伝えたいことをご紹介します。

1.「検査が必要かどうか」判断は医師に任せて欲しい

 

iSrock/ Cameravit

 

医師は、患者さんが訴える症状、身体所見、これまでの病歴、そして検査結果などを総合して、病気の診断を下します。

病院で行う検査は、血液検査、レントゲンやCTなどの画像検査、心電図検査、呼吸機能検査など、非常に多岐に渡ります。

その中から医師が「診断を下すために必要な検査」を選択していくのですが、身体所見でどのような病気かはっきりわかる場合は、検査を行わない場合もあります。

 

たとえば「頭痛」を訴える患者さん。嘔吐や神経障害などを伴い、明らかに脳卒中などが疑われる場合は、CT検査を行います。

一方で、軽い風邪症状としての頭痛が強く疑われる場合はCT検査をすることはまずありません。

このように、患者さんそれぞれの症状の強さや身体所見から、検査が必要かどうかを判断しているのです。

 

しかし「検査をしなければ正しい診断ができないのでは?」と考える患者さんも少なくありません。多くは「検査が必要でない」旨を説明すれば納得してもらえますが、なかにはそれでも強く検査を希望する人もいます。

医師には、正しい診療を行うこと以外にも、「不必要な医療をできるだけ省くスキル」が求められます。というのも、医療財源は限られているから。医学的に見て不必要な検査を多くの医師が行うと、医療財源を圧迫してしまう可能性もあるのです。

このため、検査が必要かどうかの判断は医師に任せて欲しい。筆者はこう考えます。

 

 

>>NEXT 検査をすれば安心なのか?

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

女性の健康テーマ : 【トピックス】その他の記事

トピックス
もっと見る