注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「まず大丈夫」は信じていい? 現役医師が〝医師の言葉〟の解釈をアドバイス

女性の健康

2020.04.18

患者さんが気持ちよく通院を続けるには、自分に「合う」医師を見つけることが大切です。とはいえ、断言せずに「曖昧な返答」をする医師に、かえって不安が強くなった…という人も多いのではないでしょうか? 医師である筆者目線から、曖昧な医師の返答を「どう解釈すればよいか」について詳しく解説します。

 

医師の「まず大丈夫」は信じていい?

 

iStock/ Shoko Shimabukuro

 

病状について医師から「まず大丈夫」と言われると「絶対に大丈夫なわけではないの?」と不安に思う人もいるでしょう。

でも、ご安心ください。医師が「まず大丈夫」といった場合、非常に高い確率で「大丈夫」ということなのです。というのも、医学に〝絶対〟はないから。

 

誰もが自己判断で購入できる市販の風邪薬でさえ、まれに副作用を引き起こして重篤な状態になった人もいます。通常であれば検査で異常が見られるはずなのに、検査上はなにも異常がなかったということも。

限りなく少ない確率ですが、世界中を見渡せば、このようなケースはあり得るのです。このため、医師はどんなときでも「絶対に大丈夫」とか「100%大丈夫」と言い切ることは、しないのが一般的です。

 

つまり、めったなことでは「大丈夫」という言葉を使わない医師が言うからには、その言葉の通り、よほど特殊な例外を除いて、安心な状態であると考えてよいでしょう。

 

 

>>NEXT 「ほとんどない」「0%じゃないけど」と言われたら…?

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

女性の健康テーマ : 【トピックス】その他の記事

トピックス
もっと見る