注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

飲み過ぎると健康に害も!! 「サプリメント」正しい用量・用法を守るべき理由

女性の健康

2020.03.28

日ごろの栄養不足を補うため、美容のため、日ごろからサプリメントを愛用している方も多いと思います。その手軽さゆえ、サプリメントは薬と違って安全だと考えている方も多いのではないでしょうか。しかし、誤った服用を続けると思わぬ悪影響を受けることも少なくありません。サプリメントの正しい服用について詳しく解説します。

サプリメントは「食品」に近い

 

iStock/baloon111

 

 

サプリメントは健康の維持や増進のための、種々のビタミン、ミネラル、美容成分などを含む「健康食品」の一種。

錠剤・カプセルの形状から、薬と似たようなものと思われがちですが、実は「食品」に近いものなのです。

しかし、サプリメントの定義は法律で決められているわけではなく、非常にあいまいです。

国内で消費されるサプリメントの5%は、病気の治療を目的として医療機関などで使用されているとの報告もあります(※1)

サプリメントは健康の維持・増進のために摂取するものですが、その役割と目的によって次の3つの種類に分類されます。

 

●ベースサプリメント

身体に必要なビタミン、ミネラル、アミノ酸、食物繊維などを補う、私たちの身体の元(ベース)となる栄養素を含んだサプリメント。単独の栄養素のみが含まれているもの、多くのビタミンを含むもの、など種類は豊富です。

 

●ヘルスサプリメント

健康や美容を維持するために利用するサプリメントです。イソフラボン、ロイヤルゼリー、プロポリスなど、健康や美容によいとされる成分を含み、価格はやや高め。

 

●オプショナルサプリメント

特定の症状の改善を目的とするサプリメント。古くから民間療法の場で重宝されてきたウコン、マカ、グルコサミンなどの成分を含みます。病院に行くほどではないけど、ちょっと気になる症状があるときに便利です。

 

 

>>NEXT サプリメントは絶対に安全?

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

女性の健康テーマ : 【トピックス】その他の記事

トピックス
もっと見る