コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「ジェネリック薬品」なぜ安い?医師が教える〝知ってお得な裏事情〟と効き目の話

女性の健康

2020.03.26

ジェネリック医薬品は「効かない」と聞いたけど?

 

iStock/Tassii

 

ジェネリック医薬品は、新薬と同じ有効成分を含む薬です。

厚生労働省から「ジェネリック医薬品」として認可を受けるには、新薬と同様の効果があることを証明する試験にクリアする必要があります。

現在国内で販売されているジェネリック医薬品は、新薬とほぼ同等の効果を持つと考えてよいでしょう。

ただしジェネリック医薬品は、飲みやすさや持ち運びやすさなどを重視して、新薬にらべさまざまな改良を加えているものもたくさんあります。

添加物や表面を覆うコーティングなどが異なることもあるため、人によっては「新薬よりも効きにくい・効きやすい」と差異を感じることもあるようです。

また近年では、製法や添加物・形状なども新薬とまったく同一の「オーソライズド・ジェネリック」の製造販売も増えています。つまり「新薬とまったく同じ医薬品」が、ジェネリック医薬品として販売されているということ。

ジェネリック医薬品の効果や副作用などに不安がある方は、「オーソライズド・ジェネリック」の有無を確認して、希望するとよいと思います。

 

 

>>NEXT ジェネリックを使うにはどうしたらいい?

2 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

女性の健康テーマ : 【トピックス】その他の記事

トピックス
もっと見る