注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

今日からできる! 睡眠の質を上げる〝3つの生活習慣〟は意外と簡単

女性の健康

2020.05.19

肌老化をはじめとする、全身の老化予防に欠かせないのが、幹細胞の活性化。そのために必要なのが、睡眠の質を上げることです。

忙しい毎日のなかでも無理なくできる「3つの習慣」を、アンチエイジング医療を専門とする日比野先生に伺いました。

 



《取材協力》日比野佐和子先生
日本抗加齢医学会認定専門医、医学博士。Y’sサイエンスクリニック統括院長、大阪大学大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学特任准教授。基礎研究から最新の美容医療に至るまで幅広く活躍し、テレビ番組でも、わかりやすい解説で好評を博している。

 

<快眠の習慣1>スマホは入眠2時間前に切る

 

現代人の不眠の原因として、真っ先に考えられるのが、液晶画面の光「ブルーライト」。

自然界には本来存在しないレベルの明るさで、これが脳に作用し、睡眠に必要なホルモン「メラトニン」の量を減らすと報告されています。

スマホやPCの使用は就寝2時間前までとし、寝室にはスマホを持ち込まないのが理想的です。

 

PIXTA/naka 

 

日中もあまり長時間使用していると、メラトニンの分泌量に影響します。

仕事などでPCを長時間使う人、スマホを見ている時間が長い人は、ブルーライトをカットするシートを画面に貼っておきましょう。また、ブルーライトをカットするメガネをかける方法もあります。

 

 

>>NEXT 入浴後すぐは寝つきにくい? ベストは入浴〇分後

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

女性の健康テーマ : 【睡眠】その他の記事

睡眠
もっと見る