注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

感染症対策で〝物〟の消毒に「次亜塩素酸ナトリウム」が有効な理由

女性の健康

2020.05.09

新型コロナウイルスの緊張感が続くなか、多くの方が日ごろの感染対策を徹底して行っていることでしょう。手洗いをした後、帰宅時などの手や指のアルコール消毒を実行している人も多いことと思います。

 

では同じ消毒でも、手や指ではなく「物」に対してはどうでしょうか? 感染症を徹底的に予防するには、病原体が付着している可能性がある「物」をきちんと消毒することも大切です。

 

今回は「物」を消毒するときに役立つ「次亜塩素酸ナトリウム」について詳しく解説します。

 

2種類のウイルスに有効な「次亜塩素酸ナトリウム」

 

iStock/ PeopleImages

 

「消毒と言えばアルコール」と考える方は少なくありません。もちろんアルコールには、細菌やウイルスを退治する作用があります。ですが、アルコールだけでは消毒できないウイルスがあることをご存じでしょうか? 

ちょっと難しい専門用語が出てきますが、詳しく説明しますのでしっかり読んでくださいね。

 

ウイルスには、「エンベロープウイルス」と「ノンエンベロープウイルス」と呼ばれる、2つのタイプがあります。これは外側に「エンベロープ」という、脂質でできた膜があるかないかで区別します。

エンベロープウイルス:エンベロープという膜を持つウイルス
ノンエンベロープウイルス:エンベロープという膜を持たないウイルス

 

ウイルスの退治にアルコールが効果的なのは、前者の「エンベロープウイルス」に対してです。アルコールがエンベロープを破壊して、内部の構造にダメージを与えるからです。

一方の「ノンエンベロープウイルス」はエンベロープを持たない代わりに、外側が非常に固い殻に覆われています。この殻はアルコールの攻撃を受けてもダメージを受けないため、アルコールで退治することはできないのです。

「ノンエンベロープウイルス」の代表的なウイルスは、「ノロウイルス」や「ロタウイルス」が挙げられます。これらの感染症はアルコール消毒を徹底しても感染予防にならないため注意が必要です。

 

この「ノンエンベロープウイルス」の殻は、ハイターなどの「次亜塩素酸ナトリウム」によって、ダメージを受けることが分かっています。

また「次亜塩素酸ナトリウム」は、膜を持つ「エンベロープウイルス」を退治することもできるため、多くの病原体に万能な作用を持つと言えるのです。

 

 

>>NEXT どんなところを消毒すべき?

1 / 2 ページ

あなたにオススメの記事

女性の健康テーマ : 【予防】その他の記事

予防
もっと見る