コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

春の「かくれ脱水」自粛生活の〝疲れやストレス〟が溜まったいま要注意!

女性の健康

2020.04.21

かくれ脱水はこう防ごう!具体的にはどう対策する?

 

iStock/PeopleImages

 

かくれ脱水は、水分保持機能が低い高齢者がなりやすいものですが、全ての年代の方が発症する危険もあります。次のような「かくれ脱水防止対策」を行いましょう。

こまめな水分補給が大事!

かくれ脱水を予防するには、「小まめな水分補給を欠かさないこと」が最も大切です。特に屋外や空気が乾燥した室内にいる場合は、体内の水分がどんどん失われていくため、徹底するようにしましょう。

水分補給のポイントは「のどの渇きを感じる前に行う」こと。のどの渇きなどの症状を自覚するときには、すでに脱水が進行している可能性があるので要注意です。

また汗を多くかいているときは、スポーツドリンクや経口補水液など、電解質が含まれたものを選ぶとよいでしょう。

 

新型コロナウイルスの影響により自宅で過ごす時間が増えた今の季節は、疲れやストレスなどから自律神経の働きが乱れ、体温調節機能はさらに低下します。

結果として脱水を引き起こしやすくなることも少なくありません。こまめな水分補給と、規則正しい生活を送るようにしましょう。

 

(※1)厚生労働省「健康のために水を飲もう講座」

 

 

文:成田亜希子

 

3 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

女性の健康テーマ : 【予防】その他の記事

予防
もっと見る