注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

心身が不安定な春の不調「木の芽時」いますぐ持てる〝3つの時間〟で改善する!

女性の健康

2020.04.15

「木の芽時」に気をつけるべき変化

 

iStock/stevanovicigor

 

寒暖差が激しく体温調節も頻繁に行わなくてはならないうえ、家にずっといて緊張状態が続くと、自律神経が乱れがちに。それにより不眠症になり、十分な睡眠が取れないということが起きてくるのです。

そしてあまり眠れないままに次の朝を迎え、また1日が始まる…すると心身に負担がかかり、倦怠感や急なイライラや不安などが襲ってくるなど、心の変化が起きやすくなります。

倦怠感や漠然とした不安やイライラなどの、心の変化に気づいたら要注意! 家の中にいるとできることは限られてきますが、こまめに「体の状態」に気を遣うよう心掛けましょう。

肌寒い朝と夜は1枚多く着こんで、比較的暖かい昼は薄着になったり。そんな風に体温調整を行うだけでも「木の芽時」の影響を減らすことができるでしょう。

 


>>NEXT 「木の芽時」に持つべき〝3つの時間〟

2 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

女性の健康テーマ : 【メンタルヘルス】その他の記事

メンタルヘルス
もっと見る