コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

心身が不安定な春の不調「木の芽時」いますぐ持てる〝3つの時間〟で改善する!

女性の健康

2020.04.15

もうすっかり春だと油断していると、実は寒暖の差が厳しい今の季節。「体調が悪いな」「なんだか気分が優れないな」なんて思う人も多いのではないでしょうか? 実はそれ「木の芽時(このめどき)」かもしれません。改善に有効な〝3つの時間〟で、乗り切る方法をご紹介します。

春の「心の不安定」にご用心

 

iStock/monzenmachi

 

「木の芽時」とは本来、3月〜4月にかけて、春になり木の芽が出てくる季節のことを指します。また「普段とは違う環境によって精神的に不安定になるこの時期」を表現する言葉でもあります。

昔から「木の芽時」は、心の変化に注意すべきと言われてきましたが、その理由はやはり「環境の変化」によるところが大きいのです。

特にいまは新型コロナウイルスの影響のため、緊張状態を保ちながら家で過ごしていることが多いと思います。そのような状況下では、心への負担が増え、自律神経が乱れがちに。

いつもは全然腹が立たない事でも、急にイライラしてしまうなどの変化が多くなってきたら、「木の芽時」の影響もあるかもしれません。

 

 


>>NEXT 「木の芽時」に気をつけるべき変化

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

女性の健康テーマ : 【メンタルヘルス】その他の記事

メンタルヘルス
もっと見る