注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

話しても楽にならないイライラや不安〝手っ取り早く〟気持ちを切り替える「心理学的」方法

女性の健康

2020.01.30

嫌なことがあったら「ママ友や夫に話してストレス発散する」という人は、少なくないはず。でも本当に「話せば楽になる」のでしょうか? 話しても「必ずしも楽にならない」ことを心理学的に解説し、「話す」以外で、手っ取り早く気持ちを切り替える方法をご紹介します。

 

「話しても楽にならない」を心理学で解説

 

iStock.com/Nayomiee

 

思い切って話してみたところ、相手はそれなりにアドバイスのようなものをくれたのに、一向にスッキリしない…そんな経験はありませんか?

 

人は基本的に「自分の価値観」を基準に物事を考えます。そのため人の相談に乗っていても、いつのまにか「自分だったらどうか」と考えてしまいがちです。

「自分の価値観」で話を聞くと、相手の言い分を否定したくなることも。自分の価値観に反することをことを相談されても、否定的な答えしか出ないのです。

すると相手は「自分の悩みを否定された」という体験をすることになります。「話せば楽になる」どころか、余計に傷ついてしまう結果になるのです。

 

カウンセラーは「話を聞く」ことについて、専門的な訓練を受けます。なぜなら人は、そのままだと「話を聞くのが下手」。そのため訓練が必要なのです。

「話せば必ずしも楽になるわけではない」ことの背景には、こういった理由があるのです。

 

 

>>NEXT 解決法の1つ目は…

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

女性の健康テーマ : 【メンタルヘルス】その他の記事

メンタルヘルス
もっと見る