コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

【実録】受診メモにも完璧さを求め…「産後うつ」カウンセリング〝回復〟までの道

女性の健康

2020.01.27

妊娠中や出産直後の情緒不安であるマタニティブルーは、多くが一過性のもので1〜2週間ほどで治おさまります。ですが気分の落ち込みが長期にわたって続く場合は「産後うつ」が疑われます。誰でもなる可能性があり、症状は深刻。今回は筆者がカウンセリングにあたり、日常生活を取り戻した女性の実録です。

 

「産後うつ」と診断された彼女との出会い

 

彼女は30歳になったばかりのママで、出産を機に会社を退職し、専業主婦として過ごしていた女性でした。

主治医から「産後うつ」と診断を受け、筆者のカウンセリングルームを訪れたのは、お子さんが8か月になったころでした。

 

iStock.com/ kokouu

 

 

初回のカウンセリングで彼女が語ったのは、以下のような内容です。

 

「これまで勉強も仕事も、努力や無理をすればなんとかなっていました。

ところが、子どもを産んでから『がんばればなんとかなる』という私の中の方程式が崩壊しました。

なにひとつ、自分の思い通りには進みません。

先日、予防接種の予約を忘れていて、病院から電話がかかってきたんです。それでなんだかどっと疲れてしまって。

涙が止まらず、子どももかわいいと思えず…もう辛いんです」

 

最後のほうは声が震えていて、彼女が限界を迎えていることが伝わってきました。

筆者はまず、彼女に「よくがんばられました。あなたはなにも悪くない」と伝えました。

すると彼女は大粒の涙をボロボロと流し、絞り出すような声で「私が悪いんです…」と言うのです。

 

 

>>NEXT 彼女はなぜ「私が悪い」と言うのか

1 / 4 ページ

あなたにオススメの記事

女性の健康テーマ : 【メンタルヘルス】その他の記事

メンタルヘルス
もっと見る