コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

大人の「学生症候群」時間は十分あったのに常にギリギリ〝深刻トラブル〟と対処法

女性の健康

2020.01.08

夏休みの宿題や納期に余裕のある仕事など、時間は十分あったのに先送りにして、ギリギリで追いつめられてしまった…みなさんにも、そんな経験があるのではないでしょうか? このような人間心理のことを「学生症候群」と呼びます。このタイプの人が陥りがちなトラブルや、対処法について解説したいと思います。

 

「学生症候群」ってどんな状態?

 

iStock.com/D76MasahiroIKEDA

 

「学生症候群」とは、締切や納期のある作業を行うとき、期限ぎりぎりまでなかなか作業をはじめられない人間心理のこと。

「余裕がある」と思うと、人はあせることができません。ついついゆっくりしてしまうのです。

学生症候群の人は「ギリギリにならないとやる気が出ない」「追いつめられたほうが効率が上がる」などと言います。

でも、あくまでもそれは「無茶をして集中的にがんばったら、なんとかなった」というだけのことです。

そしてこの「なんとかなった」という経験が、「前もできたから次も大丈夫」という考えを生み、学生症候群に拍車をかけてしまいます。

 

>>NEXT 大人が「学生症候群」になるとどうなる?

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

女性の健康テーマ : 【メンタルヘルス】その他の記事

メンタルヘルス
もっと見る