コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

【心理学】気にしすぎは〝体質〟なのか?「対人関係に悩みやすい人」の傾向

女性の健康

2020.01.22

対人関係に悩まないためには…

iStock.com/Sushiman

 

対人関係がうまくいかないということは、あなたと相手の求めるものが「噛み合っていない」状態です。

そんなときには、「なにが起きているのか」を客観的に眺める癖をつけてみてください。

 

対人関係で大切なのは「自分と相手との距離を適度に保つ」ことだと思います。

相手の問題を自分のことのように捉えたり、相手の意見を優先して合わせてしまったり…こうなると距離が近すぎます。

対人関係で悩まないためには、自分と相手は別の人間であることを意識しながら、適度な距離を保つことが必要なのです。

 

また、このときのポイントは「相手のことをわかったような気にならないこと」。

相手の気持ちに入り込みすぎず「他人の気持ちはわからない」と割り切りながら、ニュートラルな立場で眺めるよう心がけてみて。

相手のことを観察して、わからないことは聞く…これだけで、対人関係はずいぶん良好に変化していくはずです。

 

 

<関連記事>【心理学】私のせいで怒ってる?「帰属エラー」を起こしている人の考え方の特徴

 

文:矢島みさえ

3 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

女性の健康テーマ : 【メンタルヘルス】その他の記事

メンタルヘルス
もっと見る