注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

〝似たもの夫婦〟の喧嘩は収集がつかない「類似性の法則」のメリットとデメリット

女性の健康

2020.02.26

性格や仕草、言葉遣いや考え方…他人のはずなのに、なぜか顔つきまでもが似ている「似たもの夫婦」。実は、初対面のときからお互いに似ているものを感じ、惹かれ合っているのだとか。このような現象を、心理学では「類似性の法則」と呼びます。「似たもの同士」のカップルが知っておきたい、メリットとデメリットについてお話します。

なぜ「似たもの同士」のふたりは惹かれ合うのか?

 

iStock.com/Yagi-Studio

 

みなさんが「この人と仲良くなれそう」と思うのはどんなときですか? 気が合うと思ったり、同じ趣味の話題で盛り上がったりしたときではないでしょうか。

人は「似ているものに惹かれる」という傾向があります。好きなものが同じだと他の考え方や思考も似ていると感じ、親近感を覚えるからだと考えられています。

例えば「スポーツが好き」な人は、身体を動かすのが好きだったり、先輩後輩などの上下関係に敏感だったりと、「スポーツが好き」なことに関連した「周辺特徴」がありますよね。

ひとつ「共通点」があるとそれに付随する特徴も似てくるので、分かり合える場面が増えるのです。

また「同じ」「似ている」ということは、自分の好きなものを「肯定してくれる人」とも言えます。

自分の好きなものを否定する人よりも「肯定してくれる人とつき合いたい」と思うのは、自然なことと言えるのではないでしょうか。

 

 

>>NEXT パートナーが「似たもの同士」だと何がいい?

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

女性の健康テーマ : 【メンタルヘルス】その他の記事

メンタルヘルス
もっと見る