注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

妊活で悩ましい夫婦間の〝温度差〟心理的に読み解くと「当然だ!」とスッキリ

女性の健康

2020.05.23

妊活を始めた女性から「夫が非協力的で行き詰っている」「私は焦っているのに、夫はのんきにしている」という相談をよくお聞きします。どうして夫婦の間で、こんなにも〝温度差〟が生まれるのでしょう? これには男女の「妊娠」に対する、心理的な構えに秘密があるようです。

男女の〝温度差〟には、数十年の意識の差がある


 

iStock.com/Yue_

 

さて、唐突ですが「カクテルパーティ効果」という心理学用語をご存知でしょうか。これは、カクテルパーティのように雑多な刺激があるなかでも、自分の名前がどこかで話されていると、なぜか聞こえてしまうという現象のこと。

このように、人は「自分に関係ある」と思うことは、無意識に情報を拾いやすくなると言われています。

 

わたしたち女性は、物心がついたころにはすでに「女性は出産する性である」と知っています。つまり女性にとって、妊娠や出産は「自分に関係していること」。幼いころから自然と情報を拾っているのです。

きっと多くの女性が「産むときは痛いのかな?」なんて想像を働かせたことがあるのではないでしょうか。一方、男性にとって妊娠や出産は、自分の身体に起こることではありません。

「自分に直接は関係ない」話題なので、放っておけば情報はほとんど入ってこないのが普通。筆者が知る男性のなかには、いい年をして「出産は100%お腹を切る」と思っている人がいたくらいです。

 

子どものころから妊娠・出産を「自分のこと」として考とらえている女性に対し、妊娠出産を目の前にして初めて意識をする男性。数十年の差があると考えると、温度差が生まれるのも当然だと捉えられるのではないでしょうか。

 

 

>>NEXT 妊娠・出産を〝体感〟する経験

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

女性の健康テーマ : 【メンタルヘルス】その他の記事

メンタルヘルス
もっと見る