注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「子どもに見られた!」夫婦生活にも意外と深刻トラウマ…どう解決すべき?

女性の健康

2020.04.10

思い切って「子どもの気持ち」を聞いてみてください


 

iStock.com/RyanKing999

 

夫婦生活を子どもに見られて「ま、いっか」で済ませられないのは、「子どもがどんな気持ちかわからないから」というのも理由のひとつです。

「怖かったんじゃないか」「いまはわからなくても、軽蔑するときがくるんじゃないか」など、想像が膨らめば膨らむほど不安も大きくなっていくことでしょう。

そこで思い切って、子どもにとって「どんな体験だったのか」を確認してみてください。

筆者の経験では「ママがいじめられている」と思って泣いてしまった子や、「パパとママがギュッとしていたこと」でジェラシーを感じてしまった子、なかには「風邪をひいたらママが入院しちゃうと思った」と、意外な気持ちを話した子もいました。「喧嘩していた」と思う子も多いようです。

子どもにとっても「あれがなんだったのか」がわからないので、「なんかイヤな体験」として残っていることがあります。見られてもOKとは言えないものの、もっともNGなのはそのまま「タブー」にしてしまうことです。

子どもの気持ちがわかったら、必ず「パパとママは仲良しである」ということを伝えてあげてください。子どもにとっても「性」はとても大切なこと。「仲良しの証」であることを、ちゃんと伝えてあげてくださいね。

 

 

>>NEXT 夫婦と子ども、気持ちの整理はついたけど…

2 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

女性の健康テーマ : 【メンタルヘルス】その他の記事

メンタルヘルス
もっと見る