コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

排卵日に夫から「今日は無理」…妊活でネガティブにならない考え方のヒント

女性の健康

2020.05.28

女性が妊活にかけるモチベーションは、本当に大きいもの。自分自身の体にありったけの注意を払い、知識や情報を収集して、大きなエネルギーを注ぐことと思います。

そうやって待っていた排卵日に、夫から「今日は無理」と言われてしまうと、たとえ仕事や体力的な事情はあったとしても、ショックなのは理解できます。そこで後ろ向きな気持ちになってしまう方へ、心理カウンセラーからのメッセージです。

 

モチベーションの差が悲しいときは…


 

iStock.com/Yue_

 

女性が妊活をはじめるときには、生理周期や体温など、自分の身体にかなりの意識を集中させます。

排卵日や胎内環境についても勉強し、「妊娠」することの先には「出産」や「育児」も、うっすら見えているのではないでしょうか。

 

一方で男性である夫とは、どうしてもモチベーションの差があり、ガッカリすることも多いもの。

男性にとって妊娠や出産は、自分の身体のことではありませんので、頭ではわかっていてもどうしても「実感」が持てないのは仕方ないことです。

 

もし、あなたの悲しみのなかに「夫が前向きでない」「協力したくないと思っている」という考えが浮かんでいるなら、一度その考えにはストップをかけてください。

夫が同じくらいのモチベーションが持てないのは「わからない」からであって、「妊娠を望んでいない」わけではないと思うのです。

事実以外のことをつけ足して悩んでると、あなたが余計に傷ついてしまいます。夫の態度に「わからない」以上のものはないと思ってほしいのです。

 

 

>>NEXT 妊活のゴールを見誤らないで

1 / 2 ページ

あなたにオススメの記事

女性の健康テーマ : 【メンタルヘルス】その他の記事

メンタルヘルス
もっと見る