注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「性生活なくてもいい」はもったいない!! 夫婦関係を充実させる〝心理的効果〟とは

女性の健康

2020.04.24

筆者の周りには「夫婦生活がなくてもいい」とおっしゃる方が多々いらっしゃいます。夫と仲良くすることが、「イヤ」なわけではなく、「してもいい」けど「なくてもいい」という状態なのでしたら、ぜひこちらをご覧ください。

セックスの効果が〝性欲解消だけ〟だと思っているとしたら勿体ないかも。セックスは、とても多くの心理的効果をもたらしてくれるのです。

安心感でイライラを相殺できる

 

iStock.com/bee32

 

「〝抱きぐせ〟なんてものはない」「赤ちゃんはたくさん抱っこしてあげましょう」というのが、最近では子育ての常識になっていますよね。人は本来、肌と肌が触れ合うことで安心を覚え、「リラックス」という状態を知っていくのです。

セラピーのなかに「リラクゼーション」と呼ばれるものがあります。名前からのイメージ通り、リラックスをもたらす方法なのですが、これは肩こりや胃痛など「緊張性の症状」を持つ人に有効だと言われています。

なぜなら人は「緊張とリラックス」を同時に感じることができません。「緊張しない」というのは難しいので、意識して「リラックス」することで、「緊張」から解放されるという仕組みになっているのです。

イライラも人を緊張させますが、夫婦の営みを通して、肌が触れ合う安心感を得ることでリラックスした状態になり、普段感じているストレスを相殺することが期待できます。

 

>>NEXT 夫婦生活で満たされるのは〝性的欲求〟だけじゃない

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

女性の健康テーマ : 【メンタルヘルス】その他の記事

メンタルヘルス
もっと見る