注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

セックスレス「妻への性的欲求がなくなった」夫の言葉に傷つかなくていい理由

女性の健康

2020.05.29

セックスレスになった夫は、口をそろえて「妻に性的欲求を感じなくなった」と言いますが、男性側の心理にいったいどんなことが起きているのでしょう。

今回は、セックスレスのきっかけとしてよくあげられる「妊娠したとき」「出産したとき」、そして筆者が相談を受けるなかで、もっとも重要だと感じる「妻に断られたとき」の男性心理について解説します。

 

1.妻が「妊娠」したとき

 

iStock.com/kuppa_rock

 

「妊娠してお腹が膨らんだ女性」を見ると性的魅力を感じにくくなったり、つわりで苦しんでいる妻を見てその気になれなくなったり。

残念ながら、妊娠中の女性のこのような「生理的理由」によって、男性の性的欲求が軽減してしまうことはあります。

ただ、妊娠中の妻とセックスレスになってしまった男性から、筆者がよく聞くのは「性交渉して、赤ちゃんになにかあったら怖い」という声。

一番気になるのは「そこに赤ちゃんがいる」という事実のようです。男性も女性も「性行為をすることで、赤ちゃんに悪い影響があったらどうしよう」という不安はあります。

また「赤ちゃん」という、純真無垢な存在を意識することで性的欲求が萎えてしまうなど、妊娠中はなんとなく夫婦生活が〝悪いもの〟と感じてしまう心の動きがあります。

しかしそもそも、性行為はお互いが愛し合う行為であって〝悪いもの〟ではありません。また、妊娠中でも赤ちゃんに負担をかけずに、夫婦生活を楽しむ方法もあります。

状態が安定して、お互いに「したい」という気持ちがあるのなら、ふたりで一緒に安全な方法を調べながら、愛し合う時間を作ってみてはいかがでしょう。

 

 

>>NEXT 妻が「出産」したとき

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

女性の健康テーマ : 【メンタルヘルス】その他の記事

メンタルヘルス
もっと見る