コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

髪の生まれたてはすべて白い「白髪」のメカニズムと〝病気のサイン〟

女性の健康

2020.03.23

白髪対策によいことは?

 

iStock/LFO62

 

加齢は誰にも避けられないもの。故に白髪が生えてくるのも最終的には避けられないものです。

白髪の原因となる色素細胞の減少スピードには個人差があり、遺伝も関与していることが示唆されています。このため、白髪が生え始める時期も当然人によってさまざまなのです。

また、色素細胞の減少は年齢だけではなく、好ましくない生活習慣が原因で引き起こされることも少なくありません。白髪が生える時期を少しでも遅らせるには、次のような対策を行いましょう。

<紫外線を避ける>

頭は季節を問わず、思いのほか紫外線を浴びやすい部位です。紫外線は毛根にもダメージを及ぼすことがあり、その結果色素細胞が破壊されて白髪が生えやすくなる可能性も。

頭皮には日焼け止めは使用できませんので、紫外線の強い日は帽子や日傘で頭皮を守りましょう。

 

<ストレスを溜めない>

頭皮は元々、血流量が多い部位。血行が悪くなることで毛母細胞に十分な酸素や栄養を送ることができなくなると色素細胞の働きが弱まり、白髪が生えやすくなると考えられています。

ストレスは自律神経バランスを乱し、全身の血行を悪化させます。ストレスを完全に排除することは困難ですが、日ごろから十分な休みを取り、ストレスを溜めにくい生活を心がけましょう。

 

<栄養バランスの良い食事を>

美しい髪の毛を維持するには、良質なタンパク質、ビタミンやミネラル類を十分に摂る必要があります。

極端に栄養バランスが偏った食事と続けていると、髪の毛が脆く艶がなくなるだけでなく、毛素細胞の働きも悪くなって白髪が生えやすくなります。

日ごろから栄養バランスに注意した食事を摂るようにしましょう。

 

 

>>NEXT こんな病気が原因のことも…?

2 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

女性の健康テーマ : 【生活習慣】その他の記事

生活習慣
もっと見る