コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「水虫の市販薬」長引かせずに完治させる〝市販薬を使うとき〟の注意点

女性の健康

2020.05.07

水虫薬を塗るときの注意点

 

iStock/maska82

 

水虫の治療において一番大切なことは「再発を防ぐこと」です。そのために、以下の塗り方を徹底しましょう。

 

症状がない部分にも塗る

水虫は、見た目に症状がない部分にも菌が存在します。症状がある部分だけに塗りがちですが、症状がない部分まで広めに塗ることが大切です。

 

症状がなくなってからも最低1か月続ける

塗り薬を毎日使用していれば、2週間程度で症状は改善してくると言われています(※1)菌が完全には消えておらず残っていると、再発の原因になってしまうため、症状がなくても最低1か月は使用を続けましょう。

日本皮膚科学会皮膚真菌症ガイドライン2019では、水虫のタイプにもよりますが、2~6か月使用するのが目安とされています(※2)

皮膚科であれば使用する期間などの説明もあるかと思いますが、市販薬は自分で判断しないといけないため、市販薬で治療する場合はこの点に特に注意しましょう。

 

 

>>NEXT 水虫を予防するフットケアのポイント

2 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

女性の健康テーマ : 【病気】その他の記事

病気
もっと見る