注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「市販の頭痛薬」授乳中でも〝安心な成分と選び方〟を薬剤師がアドバイス

女性の健康

2020.02.21

よく頭痛が起きる人にとって「授乳中に薬を飲みたいけれど、子どもへの影響はないのか」は心配になりますよね。薬を飲まずに済めばいいのですが、頭痛を我慢することがストレスにつながることもあるため、飲まないのがベストとは限りません。現役の薬局薬剤師が「授乳中でも飲むことができる市販の頭痛薬」について、ご説明します。

「授乳中に飲める薬」の判断法

 

iStock.com/kyonntra

 

薬の指標のひとつに「相対的乳児薬物投与量(RID)」というものがあり、飲んだ薬が授乳によって子どもへ移行する割合を示します。

これが「10%未満」の場合、一般的に授乳中も安全であると言われています(※1)

例えば「100mg」の薬を飲んだ場合、子どもは母乳を介して、その薬を「10mg」摂取したということ。

 

授乳中に飲んで安心な薬かどうかは、この数値に加え、その他さまざまな研究結果を合わせて評価されています。

これを踏まえた上で、授乳中に飲める「頭痛薬(鎮痛薬)」にはどのようなものがあるのか、確認していきましょう。

 

 

>>NEXT 授乳中に飲める頭痛薬の成分

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

女性の健康テーマ : 【病気】その他の記事

病気
もっと見る