コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「新型コロナウイルス」感染症専門医師が〝知ってほしい〟特徴と対策

女性の健康

2020.02.10

「新型コロナウイルス」対策はどうしたらいい?


 

iStock.com/gyro

 

 

いま、日本だけでなく世界中で新型コロナウイルスの持ち込み・蔓延を防ぐべく、様々な対策が行われています。

しかし日本国内では、武漢市への出入りや、新型コロナウイルス感染者との密な接触のない人の発症も報告されており、いわゆる「三次感染」も起こっているのが現状です。

このため、電車やバスなどの公共交通機関や施設などで、知らず知らずに感染してしまう可能性も…と恐れを抱いている人も多いでしょう。

 

厚労省の見解によれば、日本では新型コロナウイルス感染症が「流行している」とは言えない状況とのこと。さらに、新型コロナウイルスは空気感染(同じ空間にいるだけで感染する)する可能性は少なく、感染経路は接触感染や飛沫感染と考えられています。

このためインフルエンザなどと同じく、手洗いや手指消毒(アルコール消毒が有効)咳エチケットなどを守れば十分に予防できるとのことです。

中国国内のニュースなどを見ると非常に恐ろしく感じるかもしれませんが、決してパニックになる必要はありません。落ち着いて普段通りに感染対策を行いましょう。

 

なお、感染予防のためにマスクが世界的に品薄となっています。確かに症状がある人がマスクを着用するのは、感染拡大を防止する効果がありますが、WHOによれば「感染を防ぐ効果は極めて薄い」とのこと。

一般的な感染症予防のためマスクを着用するのは問題ありませんが、新型コロナウイルスを恐れるあまり、必要のないマスクを買い込む…といった行動は控えるようにお願いしたいと思います(※3)

 

(※1)厚生労働省「新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和2年2月7日版)」
(※2)国立国際医療研究センター「当院における新型コロナウイルス(2019-nCoV)感染症患者 3 例の報告」
(※3)厚生労働省 「新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)」

 

文:成田亜希子

3 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

女性の健康テーマ : 【病気】その他の記事

病気
もっと見る