注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

大人の〝おたふく風邪〟で生殖器に炎症…検査と予防接種をすすめる理由

女性の健康

2020.01.10

子どもに流行する感染症の代表である「流行性耳下腺炎」、いわゆる〝おたふく風邪〟のことです。大人がかかると重症化しやすく、生殖器の炎症など、深刻な影響を残すことが。女性の場合は不妊や流産に繋がることもあり、妊娠を希望している人には特に注意が必要です。大人の〝おたふく風邪〟の注意点をまとめました。

 

おたふく風邪は感染力が強い

 

iStock.com/monzenmachi

 

おたふく風邪と言われる「流行性耳下腺炎」は、「ムンプスウイルス」による感染が原因です。

「終生免疫」の病気で、一度かかれば免疫ができ、その後は二度とかかることはありません。

 

感染力は非常に強く、咳やくしゃみなどからの「飛沫感染」のほか、手やドアノブなどに付着したウイルスに触れることで「接触感染」することでうつります。

子どもに多い病気ですが、免疫を持っていなかったり予防接種をしていなかった場合には、大人でも容易にうつってしまう感染症です。

 

大人になってからおたふく風邪を発症すると、症状が強く出る傾向にあるため注意が必要です。詳しく見ていきましょう。

 

>>NEXT おたふく風邪の具体的な症状

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

女性の健康テーマ : 【病気】その他の記事

病気
もっと見る