コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

足がつった!!「こむら返り」を繰り返すのは思わぬ病気が原因も

女性の健康

2020.01.14

突然襲ってくるふくらはぎの激痛…思わず飛び起きたり、倒れこんだりしてしまうほどの痛みを経験したことがある方も多いでしょう。いわゆる足のつり「こむら返り」は、ありふれ症状のため軽く考えられがちですが、中には思わぬ病気が背景にあることもあります。 

なぜ足がつるの?

iStock.com/spukkato

 

足のつりは、ふくらはぎの筋肉が強く収縮することによって引き起こされます。医学的には「有痛性筋けいれん」といい、日常的によく起こりうる症状のひとつです。

主な原因は、筋肉の収縮や弛緩を司る「電解質バランス」の乱れと考えられています。このバランスが乱れるとわずかな刺激が加わるだけで筋肉の細胞が過剰に反応し、強い収縮を起こしやすくなるのです。

また筋肉のけいれんは、血行が悪くなっているときや、激しい運動などで筋肉にダメージが生じているときに起こりやすくなります。寝ているときに突然足がつって目覚めるのは、睡眠中に足への血流量が減少するからです。

 

>>NEXT 足がつったときの対処法

1 / 4 ページ

あなたにオススメの記事

女性の健康テーマ : 【病気】その他の記事

病気
もっと見る