注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

繰り返す辛いかゆみ「カンジダ膣炎」の治療と再発を防ぐ方法

女性の健康

2019.12.25

2020.04.19

女性の陰部は、蒸れやすくトラブルが多い部位。かゆみなどが起こることも少なくありません。しかし、我慢できないような強いかゆみは「カンジダ膣炎」を発症している可能性も。放っておくとおりものや悪臭、陰部のただれなどを引き起こすことがあります。詳しくお話しします。

 

iStock.com/champja ※画像はモデルを起用したイメージです

 

「カンジダ膣炎」の原因はカビ?!

 

「カンジダ膣炎」とは、カビの一種である「カンジダ」が、膣内で異常増殖することで炎症を引き起こす病気。カビというと驚く人は多いと思います。

ですがカンジダは、健康な人でも陰部や皮膚、口の中などに潜んでいます。また女性の15%の膣に、カンジダが生息しているとされています(※1)

通常であれば、カンジダは身体に悪さをすることはありません。生息していたとしても、私たちと「共存」した状態となっています。

しかし、カンジダが増殖して、異常に数が増えると膣炎を引き起こすことがあるのです。

 

 

>>NEXT カンジダ膣炎の症状条件

1 / 4 ページ

あなたにオススメの記事

女性の健康テーマ : 【病気】その他の記事

病気
もっと見る