コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

指先が痺れて手がこわばる…産後ママに多い「手根管症候群」放置しないで!!

女性の健康

2020.02.13

「手根管」が狭くなる原因は?

 

手根管が狭くなる主な原因は、「手首の使い過ぎによる炎症」や「女性ホルモンの乱れ」です。

特に「プロゲステロン」という女性ホルモンは、手根管にむくみを引き起こすので、分泌量が増える妊娠中は手根管症候群を発症しやすいのです。

さらに慣れない抱っこや授乳で手首に余計な力が入りがちな産後は、手根管症候群を発症することも少なくありません。

 

手根管症候群を疑うべき症状とは? 

 

iStock.com/kokouu

 

手根管症候群を放っておくと、神経麻痺を引き起こしたり手術が必要になることも。ひどくなる前に正しい対策や治療を行う必要があります。次のような症状が見られるときは発症が疑われますので、できるだけ早く受診しましょう。

 

●手首を動かすと指先にしびれや痛みが走り、特に人差し指と薬指がひどい
●しびれや痛みは起床時にひどくなる
●手を振ったり、指を曲げ伸ばしするとしびれや痛みが軽くなる
●手首をたたくとしびれや痛みが強くなる(下図参照)
●両手の甲を合わせて手首を曲げるとしびれや痛みが悪化する(下図参照)

 

引用:公益社団法人 日本整形外科学会

>>NEXT 「手根管症候群」の予防法

2 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

女性の健康テーマ : 【病気】その他の記事

病気
もっと見る