コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

一度感染すると完治しない「口唇ヘルペス」再発時の正しい対処法

女性の健康

2020.01.20

疲れがたまったり体調を崩すと、唇の周辺に小さな水泡が出る「口唇ヘルペス」…再発に悩んでいる方も多いことと思います。痛みやかゆみを伴ううえに感染力も高いこの病気の、正しい対処や再発時の治療などをご紹介します。

 

口唇ヘルペスの症状

 

iStock.com/simarik

 

「ヘルペス」とは、小さな水ぶくれのできる炎症性皮膚疾患を指します。

顔や手、指、性器など様々な場所にできますが、そのうち30%は口唇周辺にできる「口唇ヘルペス」です。

口唇ヘルペスは再発を繰り返すのが特徴で、水ぶくれができる前に皮膚がピリピリ、ムズムズするような違和感が出ます。

その後、口唇周辺に数ミリ程度の小さな水疱が、痛みやかゆみを伴って出現。時間が経過すると水疱が破れ、かさぶたになります。

かさぶたができてくると回復期です。体調にもよりますが、だいたい2週間ほどで良くなるでしょう。

 

>>NEXT 口唇ヘルペスはどうしてできるの?

1 / 4 ページ

あなたにオススメの記事

女性の健康テーマ : 【病気】その他の記事

病気
もっと見る