コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

赤ちゃんに障害の可能性「先天性風疹症候群」妊娠中の注意と予防法

女性の健康

2020.03.03

妊娠中に「風疹」に感染する危険

 

iStock.com/kuppa_rock

 

風疹は比較的症状が軽い感染症で、自然に治ることがほとんどです。

しかし妊娠中に感染すると、胎盤を通してお腹の赤ちゃんに感染してしまうことがあります。

特に妊娠3か月までの初期のころに感染すると、赤ちゃんが「先天性風疹症候群」を発症することが知られています。

「先天性風疹症候群」とは、「心疾患・難聴・白内障」を3大症状とする、先天的な障害を引き起こす病気のこと。

それ以外にも、小頭症や精神発達遅延などを引き起こすこともあります。

日本では出生数10万人あたりの発症率は1.8~7.7%※2)と、発症率自体は高くありません。

ですが、万が一発症した場合は赤ちゃんに重大な障害を引き起こすため、妊娠中は注意が必要です。

 

>>NETX 妊娠中の風疹を予防するには?

2 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

女性の健康テーマ : 【病気】その他の記事

病気
もっと見る