コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

あなたの「胃痛」の原因、知ってますか? 内科医が教える知識とケア法

女性の健康

2019.12.20

胃痛の原因となる3つの要素

iStock.com/kuppa_rock

 

ひと言で胃痛と言っても理由は様々です。代表的な胃痛の原因3つを紹介しましょう。

 

「食生活」が原因の胃痛

通常、食べものが胃に入ると胃酸が分泌されます。
脂っこいものや消化しづらいものは、消化するために胃酸が多く分泌され、胃の粘膜を傷つけてしまうことが。
和食を中心としたバランスのよい食事であれば、過剰な胃酸が出ることはないと考えられます。

 

「ストレス」が原因の胃痛

みぞおちの痛みがあるときには、ストレスが強いケースが考えられます。
強いストレスは自律神経の乱れにつながり、胃酸の分泌が多くなります。
睡眠をしっかりとって、疲れをとることを意識してみてください。
リラックスはストレスの軽減につながり、胃酸の分泌を抑えてくれます。

 

「ピロリ菌」が原因の胃痛

「ピロリ菌」は胃の粘膜を覆う粘液に住み込むことで、粘膜を傷つけ胃痛を起こします。
罹患率は成人の20代で20%程度、50代以上は80%以上といわれています。
ピロリ菌に感染すると、胃がんのリスクは5倍に跳ね上がるというデータも。
胃痛が続くときには、ピロリ菌感染の検査を受けることをおすすめします。

 

 

>>NEXT 過剰な胃酸が病気を招く

2 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

女性の健康テーマ : 【病気】その他の記事

病気
もっと見る