注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

夏休みに子供と作りたい!”すいかの宝探しゼリー”レシピ

インフォメーション

2018.07.08

暑い夏に食べたいものといえば、やっぱり冷たいスイーツ。今年の夏は、子どもと一緒に手作りしてみてはいかが?
ここでは、フルーツたっぷりのアイスやお絵描きを楽しむケーキのほか、遊びごころをくすぐる楽しいゼリーまでご紹介。作って楽しい、食べておいしいひんやりスイーツをぜひ!

縺イ繧薙d繧翫せ繧、繝シ繝・ョ・_MG0507a_R_R

 

まっ赤なすいかの中には
おいしい宝物がいっぱい!

すいかの宝探しゼリー


<材料>(直径約25㎝のすいか½個分)

すいか(直径約25㎝のもの…… ½個(横半分に切る)
粉ゼラチン……5袋(25g)
グラニュー糖……30g
レモン汁……大さじ1
フルーツ缶(黄桃、白桃、さくらんぼ、みかん、
 パインなど)…… 合わせて300g
白玉粉……50g
砂糖……10g
絹ごし豆腐……50g

 

<作り方>
①すいかの中身をくりぬく

縺イ繧薙d繧翫せ繧、繝シ繝・ョ・_MG0230_R
すいかは皮から果肉1㎝ほどを残して包丁でぐるりと深めの切りこみを入れてから、

8等分の放射状に切りこみを入れ、包丁の刃先を使って果肉をとり出す。

残った果肉はスプーンでかき出す。

 


②すいかをもみつぶす

縺イ繧薙d繧翫せ繧、繝シ繝・ョ・_MG0241_R
①をジッパーつきバッグに数回に分けて入れ、

そのつど袋の上から手でもみつぶす。

 


③すいかの果汁を搾る

縺イ繧薙d繧翫せ繧、繝シ繝・ョ・_MG0247_R
②を下に大きめのステンレスのボウルを置いたざるにあけ、

残った果肉をゴムべらで押して果汁を搾り出す(果汁の量は約1250㏄分を目安に)。

 


④ゼラチンとグラニュー糖を加える

縺イ繧薙d繧翫せ繧、繝シ繝・ョ・_MG0287_R

③の果汁から100㏄分とり出し、耐熱容器に入れて1分電子レンジで加熱し、

粉ゼラチンとグラニュー糖を加えてよく溶かし混ぜる。


※すいかの大きさによって粉ゼラチンやグラニュー糖の量を調節してください

(果汁250㏄に対して、粉ゼラチン5g、グラニュー糖6gが目安です)。

 


⑤冷やしながら混ぜてとろみをつける

縺イ繧薙d繧翫せ繧、繝シ繝・ョ・_MG0292_R

④を③に戻し入れてレモン汁を加え、そこから500㏄分とり分けておく。

残りはボウルの底を氷水にあて、ときどきゴムべらで混ぜながら強いとろみがつくまで冷やす。

 


とり分けた分は弱いとろみをつける

縺イ繧薙d繧翫せ繧、繝シ繝・ョ・_MG0330_R
⑤でとり分けておいた500㏄分のゼリー液も冷やしながら同様に混ぜて、

⑤より少し弱いとろみ(ゴムベラですくったとき、とろとろ落ちる程度)をつける。

 


⑦フルーツをカットする

縺イ繧薙d繧翫せ繧、繝シ繝・ョ・_MG0296_R
フルーツは水けをきり、好みの型で抜いたり、食べやすく切る。

さくらんぼは茎をとる。

 


⑧白玉を作る

縺イ繧薙d繧翫せ繧、繝シ繝・ョ・_MG0318_R

ボウルに白玉粉、砂糖を入れて豆腐を少しずつちぎって加え、

なめらかになるまで混ぜていく。直径2㎝のボール状にまるめ、

たっぷりの熱湯でゆで、浮き上がってきたらさらに1分ゆでて水にとる。

 


⑨ゼリー液とフルーツを交互に入れる

縺イ繧薙d繧翫せ繧、繝シ繝・ョ・_MG0363_R
すいかの器に⑤の⅓量を入れ、⑦、⑧の⅓量を均等にのせる。

これをあと2回繰り返し、⑥を注いで表面を平らにし、冷蔵室で5時間以上冷やし固める。

 

 

\ で き た !/

縺イ繧薙d繧翫せ繧、繝シ繝・ョ・_MG0442_R

※電子レンジは600Wのものを使用しています。

 

『CHANTO』8月号にはさらに詳しい内容を掲載しています。ぜひチェックしてくださいね!

CHANTO2018年8月号についてはこちらをご覧ください

あなたにオススメの記事