注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

タスカジ・サニー春さんが教える!夏家事SPECIAL~洗濯編~

インフォメーション

2018.07.01

夏の洗濯はアイデアしだいで
労力を使わずに時短できる!

教えてくれたのは…
サニー春さん
35年の主婦歴を生かし、50代でハウスキーパーに。『タスカジさんが教える最強の「家事ワザ」』(マガジンハウス)で洗濯ワザを紹介している。今回、読者の洗濯に関するお悩みに答えてくれました!

サニー春さん顔


読者・高橋えみさんのお悩み

「夏になると洗濯ものの量が増えて手間がかかりすぎます」

サニー春さんのお答え
「カーテンなど、干し方を変えるだけでも早く乾きますよ!」

窓を開け、洗ったカーテンをそのままレールにかけて干すだけ。「風が入ってくるので自然と乾きます。大物洗いは夏が最適です。

_F0A4489


読者・山口直子さんのお悩み

「水着ってどうやって洗うの?」

サニー春さんのお答え
「プールで泳いだだけなら洗濯機で洗ってOKです」

洗う前に洗濯表示のタグで、洗い方を確認すること。洗剤はおしゃれ着洗い用を使います。

 

1.海水浴のあとなら手洗いで砂を取り除く

おしゃれ着洗い用洗剤をうすめた水で手洗い。海水浴のあとなら、水着の生地を引っぱって砂を指ではじき出す。

_F0A4341

2.洗濯ネットに入れる

「水着が洗濯ネットの中で動かないよう、合うサイズのものを選んで」。おしゃれ着用洗剤液ごと洗濯機に入れて洗う。

_F0A4337

3.脱水したら陰干し

形くずれをしないように、角型ハンガーに吊るして乾かす。直接日光があたらない、風通しのよいところに干す。

_F0A4500

読者・村上かずこさんのお悩み
「汗ジミのとり方がわかりません!」

サニー春さんのお答え
「つけおきが効果的です」

汗や汚れによる黄ばみ・黒ずみは粉末タイプの酵素系の漂白剤を使い、つけおき洗いを。白無地の衣類には塩素系漂白剤(ほかの洗剤と混ぜないこと)を使うと漂白効果は抜群。

 

1.酵素系漂白剤を溶かした湯につける

40℃の湯に粉末の酵素系漂白剤をよく溶かす。その液の中に衣類を入れてつけこみ、30分ほどそのままおく。「水よりぬるま湯程度のほうが効果はアップ」

_F0A4364

 

2.洗濯機に漂白剤液ごと洗濯ものを入れる

つけおき後、漂白剤液ごと洗濯機に入れ、洗剤も足し、洗濯する。「夜、洗濯機の中でつけおきし、朝起きたら洗濯機のスタートボタンをオン。これなら手間がかかりません」_F0A4427

 

『CHANTO』7月号にはさらに詳しい内容を掲載しています。ぜひチェックしてくださいね!

CHANTO2018年7月号についてはこちらをご覧ください

 

あなたにオススメの記事