Sponsored by パナソニック
CHANTO WEB Special Feature

新・共働き時代の
「サスティナLIFE」

コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「おうちの時間が増えて床のゴミや髪の毛が気になる!」 わが家の窮地を救ったのは…

インフォメーション

2020.12.04

在宅ワークの浸透や、新しい生活様式に変わったことで、家にいる時間が増えた人も多いでしょう。それにより、多くの家庭で掃除の仕方にも変化が生まれているようです。

 

最近の掃除の傾向は「ちょこちょこ掃除」。すきま時間に掃除をして、自宅をきれいな状態に保ちたいという人が増えているというデータも出ています。

 

家にいる時間が増えたことで、床に落ちたゴミや髪の毛が目につく!

パナソニックが2020年6~7月に30~40代の男女に実施した家事に関するライフスタイル調査では、コロナ禍以前に比べて「汚れが目立つようになった(68.4%)」、「掃除の回数が増えた(67.5%)」など、意識の変化がみられます。

 

在宅の時間が長くなったことで、床に落ちている小さなゴミや髪の毛、ペットの毛などが以前より気になるという人が増加中。それに伴い、「ちょこちょこ掃除」を習慣化する人が増えているそうです。

 

家にいる時間が長くなったとはいえ、家事の負担は最小限に抑えたいもの。すき間時間にサッと使えるのはもちろん、ゴミが取りきれず何度も往復しなくて済むような、ハイパワーな吸引力ははずせないポイントです。また、昨今の清潔意識の高まりもあって、掃除機自体のメンテナンスの簡単さにも関心が高まっています。

 

手軽さが魅力のスティック掃除機も、ブラシにびっしりからまった髪の毛を見るとげんなり。からまった毛はなかなか取りづらく、ハサミを使って格闘するハメになったりと手間や時間ばかりかかってしまう…。これでは「手軽な掃除」とは言えませんよね。

 

実際に「掃除機使用で不便と感じていること」についての調査では、全体の45%が「掃除機のメンテナンス」と答え、そのうち約7割が「ノズルのお手入れ」と回答している(パナソニック調べ/インターネット調査/N=200)ほど、掃除機のお手入れに不満を抱えている人は少なくないのです。

 

「手軽にしっかり掃除できて、メンテナンスもラクがいい!」という要望に応えるのが、パナソニックのコードレススティック掃除機「パワーコードレス」。

 

こちらは従来のコードレススティック掃除機に比べて、ブラシに毛などが99%以上(※1)からみつかない「からまないブラシ」を搭載した新モデル。約200W(ワット)(※2)の軽量ハイパワーモーター搭載で軽さと高い吸引力を実現したハイスペック掃除機なのです。

 

まずは最大の特長、髪の毛もペットの毛もほとんどからまない「からまないブラシ」からご紹介します!

 

>> NEXT ブラシのお手入れがラク!そのヒミツは…

1 / 2 ページ