2016.08.01

2、3分で用意 手軽に野菜も こどもも食べやすい簡単時短朝食

【この記事は、CHANTOママライターによるウェブ限定記事です】

 

ライター名:さちん

 

朝は働くママにとって一番あせる時間帯。できるだけ栄養バランスのとれた朝食を食べさせたいですよね。きちんと一汁三菜を守ろうと思ったら、どれだけの時間がかかるか、そしてそれをこどもたちがきちんと食べてくれたらいいけれど、寝ぼけまなこで食べるから、ぼーっとして手が止まっていたり、グズグズして食べ始めるまでに時間がかかったり・・。

ここではできるだけ手間を省くために 

  • 朝の調理時間をとにかく減らす
  • 一人1皿程度で済ませて片づけ時間を減らす
  • こどもが一人で食べられる

 そんな朝ごはんメニューを紹介したいと思います

 

1、ピザトースト

20160801-1

子どもの苦手なお野菜が入っていても、ケチャップ、チーズを乗せれば意外と食べちゃうピザ。前日の夕食作りで使った野菜を切るついでに、薄くスライスして、朝 食パンにソース→野菜→ハムやソーセージ、ツナ等→チーズをのせてチン♪野菜の代わりにポテトサラダの余りをのせてもOK。市販のピザに更にトッピングするとより栄養価のあるピザに。ピザ生地だけでも売ってありますよ。

 

2、具入りおにぎり

20160801-2

青菜の炒め物などごはんがべちゃべちゃにならないようなものを、小さく刻んでごはんに混ぜ込んで、子どもの大好きなおにぎりに。食べやすい大きさで握っておくと、見た目もかわいく、手をのばしてくれます。そぼろや、いりたまごをまぜこんでも。もっとお手軽にしようとおもったら、市販のもので混ぜ込みわかめシリーズなどもありました☆ラップにのり→ごはん→前日のおかずをのせてラップで閉じる、おにぎらずでも手軽にできますね

 

3、ホットドッグ

20160801-3

コッペパン、ロールパンに切れ目をいれる→昨日のおかずを挟む。完成☆焼きそばやスパゲティなど麺類でもいいし、タマゴサラダやマカロニサラダでも。普通にレタスとソーセージでもいいですよね。最初から切れ目の入っているパンも売ってありますし、とりあえずパンに挟めばおしゃれな感じで子ども達も楽しく食べてくれます

 

 

前日の夕食作りのときに次の日の朝食用に野菜を洗っておいたりしてもいいですが、野菜サラダの残りを使うなど、前日の残りものを活用でも十分だと思います。

 

ちゃんと 編集部

働くママ向けのメディア『CHANTO』の編集部。月刊誌『CHANTO』で掲載された記事や編集部が独自に取材した記事をご紹介します。