注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

掃除の時短には、昔ながらの〝ほうき″がとってもいいって気づいた!

家事

2018.06.21

食事作りや洗濯は毎日やらきゃならないけれど、ホコリで死ぬわけではない…。

こうして掃除はついついおざなりに。私も、「あー、お掃除ロボットがほし~~!」とほざいていた人間ですが、今やササっとクリアできるようになりました。それはなぜ? 

実はひとえに、“ほうき”のおかげなのです。

ワイパーや掃除機にはそれぞれ弱点あり

以前の私の掃除スタイルは、ホコリが目立ってきたらフローリングワイパーをかけ、時間のあるときに掃除機をかける、という2本立て。でも、これには不満だらけでした。

shutterstock_376794175

ワイパーは、ホコリや髪の毛には威力を発揮しますが、息子が持ち込む砂や土、おせんべいの欠片、キッチンの食材くずなどの固形のゴミには太刀打ちできない。特に、壁際や隅にたまってしまうと届きません。最後はとりきれず床に残ったまま…。

かといって、掃除機は使うのはもっとイヤ。そもそも出すのがめんどう、コードを引っ張り出すのがめんどう、コードつきのまま取り回すのもめんどう…。

ところが、この不満だらけの掃除スタイルが、3本のほうきの導入で激変したのです。

導入したのは日本古来の「3本のほうき」

ほうき導入は、キッチンの隅のゴミをワイパーで掻き出していたとき、ふと「ほうきだったら簡単なのに」と思ったのがきっかけ。小さい頃、母がほうき1本で家じゅう掃除してたことも思い出しました。

「ほうきなら、ホコリも粒状のゴミも両方イケル! コードもない!」と、試してみる気満々になり、調査をスタートしました。 

ちりとりとセットの洋風のおしゃれなモノもありましたが、これは柄の位置がモップ風で、片手で使いづらいから却下。昔ながらの座敷ほうきに目をつけ、行き着いたのが、ほうき草で編み上げた江戸ほうきでした。これは適度なハリとコシがあり、履き出す力があるとのこと。

おお、いいではないか! 

同時に、ヤシ科の繊維である棕櫚のほうきも候補に。これは、江戸ほうきよりあたりがやわらかく、ゴミを集める感覚に近いとのこと。

うーん、隅のゴミやマットの糸くずには前者がよさそうだけど、フローリングは後者か? と悩み、決め切れずに2本同時、いや、そこに小ぼうきも合わせて3本を大人買いし、私の〝ほうきライフ〟は始まりました。 

image1

右から江戸ぼうき「白木屋伝兵衛」http://www.edohouki.com/index.html
棕櫚小ぼうき、棕櫚ほうき「棕櫚の郷」http://houkiya.jp/

正確な値段は忘れましたが、全部でたしか2万円くらい。江戸ほうきは10年、棕櫚ほうきは15年以上持つと言われ、それならと思い、どちらも老舗で購入。

とにかく手軽!思い立ったら掃除できてストレスフリー

ほうきを使ってみた実感は、とにかく手軽!ということ。我が家は壁にかけていますが、すっと手にとってさっと履く、この間、ほんとに数秒。思い立ったらすぐに掃除ができる手軽さは、掃除機はもちろん、シートを装着しなくていいぶんワイパーにも勝ります。

そして、江戸ほうきの「履き出し」の能力は思っていたより優秀。部屋の隅のホコリやゴミまで掻き出せ、とれない!届かない! というストレスはゼロ。さらに、手首のスナップをきかせれば、マットにひっついた髪の毛や糸くずも問題なし。毛足の長いラグの中のゴミも掻き出せるほどです。

IMG_3884

日常の掃除は、LDKのある1階を江戸ほうきを使ってホコリとゴミを集めます。ほうきの穂先は、ワイパーや掃除機では難しい部屋の隅、ゴミ箱の裏や家具の下、観葉植物の鉢の奥にもススっと回り込み、ゴミをかき集めてくれます。

いちいちモノをどかさずにすむし、どかすにしても、片手でほうきをで履き続けながらもう片方の手でヒョイと移動させればいいだけ。動きを一切止めずに掃除できて、ストレスがありません。

棕櫚ほうきは、広いフローリングスペースのホコリを集めるときや、ゴミを舞い上がらせたくない階段の掃除に。なでるように履くだけで、細かい繊維にホコリがからみます。

また、棕櫚の繊維には油分が含まれており、履くほどに床に油脂が浸透しみ込み、天然のワックス効果もあるそう。棕櫚の小ぼうきは、食卓用として愛用しています。ゴミを集めるのに「はりみ」というちりとりも買って使っていましたが、最近はコードレスのハンディ掃除機を1台導入し、最後はもっぱらこれで吸い取っています。

昔ながらの文化や職人へのリスペクトも芽生えて…

掃除機には何万円も出すのに、ほうき1本に数千円から1万円という値段に、最初は躊躇した私。高いと感じたのが本音です。

でも、3年使い続けて思うのは、これは安い買い物だったということ。しっかりと昔ながらの技法とこだわりを貫いて、1本1本職人さんが作っているだけあって、へたりもせず、長持ちすると実感しています。穂先がダメになったら切りそろえて最後は玄関用に、という話を聞くと、とことん合理的だなとも感じます。

電気も使わないんですから、これって究極のエコですよね。私はエコ志向が強い人間ではないけれど、こんなに機能的でエコなら、使わない手はありません。 どちらも職人さんを抱える老舗から購入したのですが、そんなお店はどこも、ていねいに、選び方、使い方のアドバイスもしてくれました。

最近は、テレビに取材されたり、外国人観光客にも人気だとか。そう聞くと、日本の素晴らしい手工芸が消えずにすむと安堵するとともに、自分も文化を支えているような気がしてうれしくなるのです。

shutterstock_421628377

のざわやすえ
出版社での編集を経てフリーに。ライター・エディター活動の一方で、主婦雑誌で培った知識をもとに「暮らし方アドバイザー」として、整理収納や家事タスクのアドバイスでも活動中。また、趣味のソーイングではオーダー業も。働きながら育てた一男一女は、この春から高2、高1に。

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【掃除】その他の記事

掃除
もっと見る