2018.05.24

伝説の家政婦直伝!コーンスープの素で作るチヂミは必見

チーズタッカルビもポリ袋を使えば簡単!


makoさんはこれまでにも、さまざまな時短料理を紹介してくれています。44日放送の『ヒルナンデス!』では“チーズタッカルビ”の作り方を伝授。“ポリ袋”を活用した、簡単にできる調理方法を見ていきましょう。

 

まずはカットした玉ねぎ、ピーマン、鶏もも肉をポリ袋にイン。そこにケチャップと焼き肉のたれを加え、ポリ袋をしっかりともみこみます。口をしっかりとしばったら、お湯に入れた耐熱皿の上にポリ袋を投入。さらにチーズを別のポリ袋に入れ、同時にお湯の中で温めてください。後は15分ほど煮こむだけで、チーズタッカルビのできあがり。実際に食べたつるの剛士さんは、「本格的なたれを使ったみたいな味でおいしい」と感激していました。

 

ポリ袋調理のメリットは、複数の料理を同じフライパンのお湯で調理できること。洗い物も減り、料理がグッとラクチンになりますよ。

 

SNSなどでは「耐熱のポリ袋買ってくる!」「ポリ袋で他にもいろいろ作れそう」との声が。筑前煮やサバの煮つけなどにも活用できるので、ぜひ作ってみては?

 

≪ BACK 1 2

3

内田裕子

2人の娘と日々奮闘中。東京出身のフリーライター。
子育てや家事をいかに楽しく効率的に行うかを日々考えている。自分が料理教室に通うか、子どもにピアノを習わせるかで悩み中。家事の中では洗濯が好きで、保育園から大量に持ち帰られる洗い物に密かに闘志を燃やしている。