2017.10.19

食べて、遊んで、国際支援! TFTとセーブザチルドレン

【この記事は、CHANTOママライターによるウェブ限定記事です】

                       

ライター名:草間小鳥子

 

いざ、「募金やボランティアをしよう!」と思うと、心の準備がいるかもしれません。興味はあるけれど、仕事に育児にいそがしいのに、そんな手間をかけられない、という方もいらっしゃるのでは。

でも、食事をするだけ、子どもにおもちゃを買うだけで、国際支援につながるなら……気軽に参加できるような気がしませんか?

 

TABLE FOR TWOとは?

20171019-1

このロゴマークを見かけたことはありませんか?

 

TFT(TABLE FOR TWO)です。

 

TFTとは、

 

「対象となる定食や食品をご購入いただくと、1食につき20円の寄付金が、TABLE FOR TWOを通じて開発途上国の子どもの学校給食になります。
20円というのは、開発途上国の給食1食分の金額です。つまり、先進国で1食とるごとに開発途上国に1食が贈られるという仕組みです」

——TABLE FOR TWOウェブサイトより 

 

 

どうすれば参加できるの?

参加方法は、TFTと連携しているサービスを利用するだけなので、とても手軽です。

例えば、レストランでの食事。私がよく行く無印良品のCafe&Meal MUJIでは、対象メニュー+20円で、TFTに参加することができます。レジに設置してあるカードを支払時に渡します。

20171019-2

以前ご紹介した、食材宅配サービスの「Oisix」でも、TFTに参加できますよ。こちらも、対象商品をカートにいれ、いつも通り支払手続きをするのでOK。

料理リハビリに最適!Kit Oisixの魅力

20171019-3 20171019-4

普段のランチやいつもの食卓が、子どもの国際支援につながるのです。

 

セーブ・ザ・チルドレンとのコラボストライダー!

「セーブ・ザ・チルドレン」は、100年近い歴史を持つ、子ども支援専門の国際NGO。

いっぽう、幼児用キックバイクとして公園で大人気のストライダー。

20171019-5

なんと、「セーブ・ザ・チルドレン」が、ストライダージャパンとコラボレーションした商品を発見しました! 一台購入すると、1000円が寄付される仕組みです。わが家では、2歳の息子にこちらを購入。「支援したい!」というより、「ボディが白くてかっこいいし、ほかの子とかぶらない」という気持ちが強かったかもしれません。
動機はどうあれ、これで誰かがよろこんでくれるかもしれないと思うと、選んで良かったなぁと感じています。

 

おいしかったり、おしゃれだったり、そのうえ支援にもなるなんて、満足度の高い仕組みだと思いませんか?

私は、選択肢がある時は、子どもの国際支援の助けになるサービスを利用することにしています。一生行くことのないかもしれない遠い国のことでも、自分のほんの少しのアクションで何かを変えられるというのは、とても気持ちのいいものですよ!

ちゃんと 編集部

働くママ向けのメディア『CHANTO』の編集部。月刊誌『CHANTO』で掲載された記事や編集部が独自に取材した記事をご紹介します。