2017.06.08

[カレーの時短リメイク]で1週間のりきりレシピ

働くママたちは、毎日大忙し。身を粉にする思いで動き回っても、時間が足りることはありませんよね。

そんな中で皆さま、毎日の食事作りは満足にできていますか?

 

「健康的な食生活を送りたいけれど、なかなかできない。」

私の周りで、よく聞きます。

身体を気遣いたいけれど、時間もエネルギーも余裕がなくて。
結局、出来合いのお惣菜や外食に頼ってしまっていませんか。

子供がいたら特に、可能な限り、毎日の食事は安心安全なものを食べさせてあげたいところですよね。

子供たちは毎日、口にする物で脳や神経はじめ一生物の資本である身体をつくっています。でも、お鍋いっぱいのカレーさえあれば、リメイクしながら健康的に、バタバタの日々を乗り切れますよ!

 

今回ご紹介するものは、全て我が家で作ったものです。実際に約1週間カレー生活を送りましたが、次々と形変わって登場する「カレー」に家族も大喜びでした。ご飯作りたくないな〜ということが多々あるズボラな私でも、実践できましたよ。

 

時間がなくても、ズボラでも。

簡単に美味しくできる、カレーのリメイクレシピ。

●焼きそば

20170608-1

焼きそばとカレーを、フライパンで合わせながら温める程度に炒めれば出来上がり!キャベツのざく切りなどを足せば、ヘルシーに食べ応えをアップさせられます。1品で完結可能!

 

●雑炊

20170608-2

ご飯とカレーにお水を足して、熱々にするだけ。卵をとじると更に美味しいです。。こちらも1品で完結可能!朝に食べると、身体が温まりますよ。

 

●サンドイッチ

20170608-3

朝食がパンな場合も、こうしてカレーを乗せるだけで、栄養価がアップします。

パンはお好みのもので何でも大丈夫です。

 

●ブリトー

20170608-4

手軽に手に入るようになったトルティーヤで、カレーを巻いただけ。トルティーヤと、カレーをどかんと食卓に置けば、手巻き寿司のように食べられるので、準備はとても楽なのに子供大喜び。

冷蔵庫にあるものを合わせれば、更にボリュームアップできます。私は、おからときゅうりを混ぜ合わせました。

たんぱく質もたっぷり摂れるので1品でもバランス良く、また食べ応えもあるので、朝昼夕問わず食事のメニューになります。食べ盛りのお子様のおやつや、習い事前の軽食等にも良いかと思います。

 

●キッシュ

20170608-5

少し余裕がある時は、こんなふうにキッシュにするのもおすすめです。

冷凍保存も可能ですし、沢山焼いておけば、更に朝昼夕食、おやつなど、万能に活用できます。マフィン型を使えば、切り分けの手間が不要です。

 

●ポテトサラダ

20170608-6

カレーをたくさん作っておけば、サラダなど副菜にもアレンジ可能です。

カレーとじゃがいもを混ぜるだけで、マヨネーズ不使用のポテトサラダの出来上がりです。ポテトサラダを作ることを見込んで、カレーの具材を茹でる際にサラダ用のじゃがいもも茹でておくと、更なる時短が実現できますよ。

 

●キヌアサラダ

20170608-7

気軽に購入できるようになった、スーパーフードのキヌア。

作り方は、ポテトサラダと同じ容量。カレーさえあれば、簡単に栄養満点サラダの出来上がりです。

 

 

早速カレーを仕込んで、お試し下さい^^

カレーさえ作っておけばこのように、時短ながらも様々な形で、家族の健康を支える食事作りが可能になります。

ぜひ次の週末にでも、お鍋たっぷりのカレーを仕込んでみてはいかがでしょうか。

CHANTOママライター/佐野亜衣子

佐野亜衣子

ママの為のお手軽オーガニックライフコーディネーター。不動産投資家。「身体にやさしく地球にやさしく。子どもたちの為に美しい地球を」をモットーに活動中♡ Instagram: organiclife_aiko