注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

お助け食材!親子丼の簡単本格!漬け込み冷凍テクニック♪

家事

2017.01.27

2018.10.11

「あ~今日の晩ごはん、何作ろうかな…」と毎日の献立作りに苦労しているそこのあなた!忙しいワーママにぜひ、試してもらいたいテクニックをご紹介!

私が常に冷凍庫にひとつストックしてある冷凍食材、それは親子丼用に仕込んだ冷凍鶏肉。これがあると、献立に困ったときに大活躍するのです♪

 

切って揉んで冷凍庫へ!

材料はこんな感じ。シンプルに鶏もも肉と玉ねぎです。

20170127-1

鶏もも肉はざっくり一口大に、玉ねぎは薄くスライスしたら・・・

20170127-2

保存用のフリーザーバッグに入れて、調味料を入れます。醤油:みりん:酒=1:1:2の割合で。めんつゆでもOKですよ!

もみもみと揉み込んで調味料を絡ませたら、しっかり空気を抜くようにしてぴっちり閉じます。

20170127-3

このまま、冷凍庫へ!これで、仕込みは完了です♪ 簡単なので、3分ぐらいで終わっちゃいました。

 

親子丼レシピ

さて、親子丼を作ろうと思ったら、フライパンで少量のお湯を沸かして、解凍したこのパックをつけ汁ごと入れましょう。あとはいつもどおり、鶏肉に火が通ったら卵でとじればOK。出汁なしでもしっかり美味しい親子丼が出来てしまいます。

お好みで、しめじや椎茸などのきのこ類を足しても美味しいですよ♪私のおすすめは舞茸です。

 

漬け込み冷凍オススメの理由

一度作っていただくとよくわかるのですが、とにかくお肉が柔らかく仕上がります! 冷凍することで細胞が壊れて、味もよく染み込んでいて本当に美味しく作れるのです。

そして包丁もいらなければ味付けも済んでいるので、とっても時短。

冷凍庫にひとつあると安心感のある下味付きのお肉!冷凍庫に入れてから1か月以内には食べちゃってくださいね。ぜひ、おためしあれ~~!

CHANTOママライター/本庄なべ子

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る