2019.09.14

種類や機能も豊富!ピッタリの電気ケトルで時短家事をスタートしよう

27-1

忙しい朝の味方と言えば、電気ケトルです。短時間でお湯を沸かすことができるので、朝のコーヒーやスープ作りに重宝している!という方も多いのではないでしょうか。

「欲しいと思っているけれど、購入はこれから」という方は、ちょっと待って! 電気ケトルは、どれも同じというわけではありません。素材の種類やそれぞれの長所・短所、便利機能の違いなどを踏まえて、自分に合ったケトルを選択しましょう!


■電気ケトルとは?

電気ケトルとは、電気を使って素早くお湯を沸かすための時短家電です。お湯を沸かす方法はいくつかありますが、どれもそれなりに時間がかかってしまうもの。

特に忙しい朝や、赤ちゃんのミルクづくりにおいては、「1分1秒でも無駄にしたくない!」なんて方も多いのではないでしょうか。

電気ケトルとは、こんなニーズに応えるために登場したアイテムです。

今すぐに使いたいお湯だけを、電気の力を使って、短時間で沸かすことができます。

スイッチ一つでお湯を作ることができますし、コンロを占領することもありません。ダイニングテーブルにセットしておけば、家族がそこから、自分で使うことも可能となっています。

・朝の朝食づくりタイムを短縮したい
・コーヒーなど、朝の飲み物は家族それぞれに作ってもらいたい
・大きなポットで常にお湯を沸かしておくのは無駄

このようなご家庭にとっては、電気ケトルの導入メリットは大きくなると言えるでしょう。


■素材の種類と、メリット・デメリット

電気ケトルには、さまざまな材質のものが登場しており、それぞれにメリット・デメリットがあります。大切なのは自分と家族に合ったものを選択すること! そのための知識を頭にいれておきましょう。

★プラスチックタイプ

電気ケトルの中で、もっとも多いのがこちらのプラスチックタイプです。本体がプラスチック製になっており、以下のようなメリットがあります。

・本体が軽いため、お湯を入れた状態でも扱いやすい
・汚れが落ちやすく、お手入れが簡単
・ほかのタイプと比較して、本体が熱くなりにくいため火傷をしづらい
・種類豊富で、自分に合うメーカー・容量を選びやすい

一方でデメリットは、以下のとおりです。

・見た目がオシャレではないものも多い
・使い始めに、臭いが気になることがある

電気ケトルといえばコレ!というイメージを抱く方も多いことでしょう。比較的手ごろな価格で購入しやすいというメリットもあります。

★ステンレスタイプ

銀色に輝くステンレスでできていて、見た目にもオシャレな電気ケトルがステンレス製のタイプです。メリットとしては、以下の点が挙げられます。

・傷がつきにくく、美しい状態を保ちやすい
・耐久性が高い

一方でデメリットは以下のとおりです。

・熱したときに、本体が熱くなりやすい
・本体が重く、扱いづらいことがある

オシャレな見た目なので、食卓に置いておくだけで、カフェのような雰囲気にしてくれるでしょう。その見た目に惹かれる方も多いですが、購入時にはデメリットについてもしっかりと確認しておいてください。


★ガラスタイプ

電気ケトルの中には、ガラスでできたタイプも存在しています。ケトル部分が透明になっているので、中でお湯が沸いている様子を確認できます。メリット・デメリットは以下のとおりです。

・におい移りが気にならない
・お手入れがしやすい

・汚れが目立ちやすい
・落とすと割れる

メンテナンスの面で扱いやすい特徴がある一方で、落としたときに割れてしまうというリスクがあります。他のタイプとは違って、破片が飛び散る可能性もありますから、取り扱いには注意しましょう。

佐藤 千尋

佐藤千尋
宮崎県のライターで執筆歴は3年。家事歴10年の経験を活かして、皆さんに役だつ情報を提供できれば幸いです。