2019.08.03

「遺品整理士認定協会」とは?遺品整理業者を選ぶポイントを知ろう!

001

遺品整理は、人生の終わりを迎えた人の荷物を整理する、とても大切なお仕事です。
しかし遺品の状態、親族との関係性によっては、この遺品整理という仕事が、非常につらい作業になってしまうこともあるのです。

肉体的・精神的な負担が大きいと思ったときには、遺品整理の専門業者に依頼するのも一つの方法となります。
とはいえ「よく知らない業者に入ってもらって、何かトラブルが起きたら……」なんて不安になる方も多いのではないでしょうか。

こんなときに注目したいのが、「遺品整理士認定協会」です。
具体的にどのような役割を担っている協会で、私たちにとってはどのようなメリットが期待できるのでしょうか。

気になる点を詳しく解説していきます。

 

■遺品整理士認定協会とは?

まず気になるのが、「遺品整理士認定協会とはどのような団体なのか」ということです。
日常生活を送る上で、耳にした経験があるという方は、まだまだ少ないのではないでしょうか。

遺品整理士認定協会は、需要が高まっている遺品整理業界において、重要な役割を果たしています。
トラブルの原因と成り得るような、質の低いサービスを提供する事業者が増えてきたことに危機感を抱き、こうした状況を改善する目的で作られた組織です。

遺品整理士認定協会においては、業界のモラルの低下を防ぐと共に、遺品整理士養成講座の運営や認定試験の実施で、一定のスキルや知識を有した確かな人材を育て続けています。

遺品整理士にとって重要なのは、亡くなった方やご遺族の気持ちに寄り添って、思いやりのあるサービスを提供することです。こうした「遺品整理士の仕事の意義」を明らかにし、適切な人材を育成することで、これから先の業界の発展を目指しているのです。

佐藤 千尋

佐藤千尋
宮崎県のライターで執筆歴は3年。家事歴10年の経験を活かして、皆さんに役だつ情報を提供できれば幸いです。